2017年を迎えて

皆様あけましておめでとうございます。2017年も既に一週間が過ぎてしまいましたが、インドに戻ってきてようやく落ち着いてきましたので、今年の抱負的なものを書きたいと思います。

2016年は投資家と言う初めての活動を、インドと言う異国の地で始めた年であり、初めて尽くしの中で、まがいなりにも何とか投資活動自体を開始出来た事がなによりだったなと思います。

昨年は、ネットワークもなにもない中で活動するにあたり、スタートアップ、VC、アクセラレータ、etc相手を問わずにとにかく社数を会いまくって、「インドのスタートアップエコシステムの状況と温度感を肌で感じる事」と「とにかく活動を開始するのに必要なネットワークを構築する事」に重点を置いて活動してきました。

これにより、インド、特にバンガロールにおいてはある程度の人的ネットワークは構築出来てきたと感じていますし、なにより「インドのスタートアップってこういう事」と言う事がなんとなくですが肌に馴染んできたと感じられるのは収穫でした。

一方で、「来るもの拒まず」でとにかく片っ端からミーティングを入れてきた分、徐々に「社会構造やトレンド、イシューから逆算して投資すべきビジネスモデルを導き出す」という事がおろそかになってきていたとも思います。つまりは、「頭を使って考える」という時間が足りなくなってきていたかなと。受け身になりがちだったかなと。

これらをふまえて、2017年は下記のポイントを意識して、「攻め」に転じて活動していこうと思っています。

1)ビジネスモデルについて思考する時間の確保:一日に一時間は必ずビジネスモデルについて自分の頭で思考する時間を確保します。インドにおいて、現状の社会状況とトレンドを踏まえてどのようなビジネスモデルが成り立ちうるのか?スタートアップとして成長しうるのか?これらの仮説を立てる作業を行い、それを基盤に投資すべきスタートアップを探していきたいと思います。新参者でインドにおける投資実績も殆どない我々ですので、待っていてもなかなか良い案件は来ないわけで、そこで勝つ為にもインドの地場VCと比しても負けないスピードで仮説検証を行い、「先に仕掛けられる」ようになっていきたいと思います。これは即ち、現地の起業家達と同じ目線とスピードでの思考が求められると言う事ですので、なかなか大変で。。。だからこそ半ばノルマ的に、自らに「一日一時間の思考」を課していこうと思っています。

※そういえば、以前、野村時代に担当していた㈱じげんの平尾社長は「ソフトバンクの孫さんが若い時に毎日1つビジネスモデルを考えていたのなら、自分は毎日3つ考える」と言って、実践していたのをふと思い出しました。こういう、「脳みその筋トレ」はあらゆる事の基盤として、ゆくゆくは大きな差になるので、結構大事だと思っています。

2)Series A 以降の投資家との接点の拡大:昨年は、とにかく投資活動を開始するという事に重点を置いていたため、自分たちと同じステージ(Seed Stage)の投資家や、アクセラレータ、インキュベータといったプレーヤーとの接点を多く持ってきました。もちろん、これからも彼らとの関係は深めつつ、一方で今年はSeries A以降の投資家との関係構築もより積極的に行っていきたいと思っています。我々はSeed Stageにフォーカスした投資家ですので、次のラウンド(Series A)以降の資金調達をスムーズに達成出来るかは、目先の一つの重要なマイルストーンです。もちろん、Series A以降の投資家の考え方だけに振り回されるのでは元も子もないのですが、一方で彼らがどのような業界に注目して積極的に投資しようと考えているのか?セクター全体に対する考え方はどうか?自分が投資検討している先のビジネスモデルの場合、彼らはどのようなKPIを追い、どのくらいのトラクションの目線を持っているのか?などを意識しておくことは、投資の成功確度を高める事に繋がるはずです。幸い、いくつかの大手VCのPrincipalやJuniorレベルの若手とは、スポーツネタやポーカーネタで徐々に飲み友達化しつつあるので、これをもっと深めていければなと思っています(そういう意味では、趣味のポーカーも捨てたもんじゃない。VCトーナメントみたいなのもあるみたいなので、まずはこちらで名を馳せようかなw)。

3)投資先への貢献:昨年末にShopKirana社に投資実行し、加えて現状2社のパイプラインが控えています。また、今後も更にスピードを上げて投資実行して行きたいと思っています。そうする事で増えて行く投資先の成長に対していかに貢献出来るか。関わり方や求められるサポートはもちろん個社別に異なりますが、全社に対して「他のどの投資家よりも、コミュニケーション量の多い投資家」あろうと思っています。とにかく、彼らとの接点を増やし、彼らと同じ目線で問題意識を共有して、経営メンバーの一人としての意識を持って取り組んで行きたいと思います。その為にも、基本的にウィークリーもしくはバイウィークリーでのミーティングの定例化を行っていきます。また、昨年より提携しているJaarvis Acceleratorのバッジメンバーへのサポート方法からも学びながら、彼らの持つインドの大企業や政府機関、メガベンチャーとのネットワークも活かしてサポートして行きたいと思っています。

4)投資件数の向上:こればかりは、焦って投資してもしょうがないので、上記の1)を継続する事でディールソーシングの質が上がり、結果としてそうなってくれば良いなという部分ではあるのですが、ある程度のペースをもって投資実行して行きたいなと思います。具体的には、今夏〜秋口にかけてまでで更に10社程度の投資を行い、今の一号ファンドの投資マネーを使い切るくらいのスピードを持てたら良いなと思っています。

おまけ)ポーカーとスポーツと:プライベートでは、趣味で続けているポーカーで今年はWSOP(World Series of Poker)やEPT(European Poker Tours)、APT(Asian Poker Tours)といった世界レベルの大会で一度はプレーしてみたいなと思っています。昔は出ても勝ち目ない感じでしたが、指導者(というか妻)の熱血指導のおかげもあり、ちょっとは勝ち目あるんじゃないか?という勘違いが出来るくらいにはなったかなと。メインイベントは参加費が高額すぎるので、サイドイベントででも、世界中からプレーヤーが集まって戦う雰囲気を少しでも味わえれば良いなぁと。あとは、週三日のジム通いは慣習化できてきたので、先日入会した週1でのボクシングも継続できると良いな。土曜の朝6時からという良い感じにドSな時間帯なので、時間も有効活用出来そう。(ラグビーは再開しようとチームにメールしたものの、やり取りの途中からレスが来なくなり、どうしようか思案中・・・)

というわけで、2017年は更にギアを一段上げて、頑張って行きたいと思います!これからも引き続き、何卒よろしくお願い致します!

Like what you read? Give Nao Murakami a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.