日本語のパブリケーション

Mediumのフォロワーさんの記事を拝見して驚きました・・・。

・・・本当に少ないんですね(シェアされていた76のパブリケーションの中に私のパブリケーションがあったのが嬉しかったです♪)

ちなみに現在、私はこのパブリケーションを含めて、3つの日本語パブリケーションを立ち上げています。

「UNLIMITED POWER JAPAN」のパブリケーションページにも書きましたが、Mediumは、

  • 無料で使うことができる
  • スマートフォン対応(レスポンシブ・デザイン)
  • コピーと写真さえあれば、わずかな時間で立ち上げ可能
  • 独自ドメイン対応(Mediumのパブリケーション機能)
  • 複数のパブリケーションを運営可能
  • パブリケーションは複数人数で運営可能
  • ブログ的な使い方も可能
  • 他のSNSとの親和性が良い
  • コンテンツ次第でファンが増える
  • 閲覧者との絶妙な距離感(これが一番)
  • SSL対応
  • きちんと検索エンジンにヒットされる

など、数え切れないくらい使う価値が高い、素晴らしいサービスだと思います。

距離感

また、MediumはFacebookやLINEと違って、

  • 閲覧者との絶妙な距離感

これが個人的にかなり気に入っています。

Mediumのコンテンツは、Facebookみたいにコンテンツを読んでもいないのに機械的に“いいね”を押されることもほとんどありません。

LINE(特にグループ)のように、参加していないといけない的な雰囲気もほとんどありません。

FacebookやLINEに代表される「SNS疲れ」がMediumでは今のところ感じません。

私は、Webの本質の一つに「コミュニケーション」があると思うんです。

「コミュニケーション」には、それなりの距離感が大切だと思うんです。

投稿されたコンテンツをしっかりと読んで下さって、気に入ったらリコメンドしてくださる。もしくはフォローしてくださる。

例えると“ネコ同士のような関わり合い”くらいで、ちょうどいいと思うんです。

縛られることなく、気ままに、赴くままに

これでいいと思うんです。

人によっては、逆にあまり注目されていないから、いまの状態がいい、という方もいらっしゃるかと思いますが、私はドンドン活用していって欲しいと思っています。