こうやればできる、を捨てる

自分は、「こうやればできる」という手法が見つかると、それ以外の選択肢を探さない傾向が強い。
この傾向は、一つの答えを求める考え方である。

そこで見つかるのが最適な方法なら問題ないかもしれないが、得てして、「こうやればできる」の方法はあとから問題が広がることが多い。
また、こういった思考で物事に取り組むと、探しているものが、「唯一のやり方」なので、考える力がつかない、という見方もできる

答えは探すものでなく、ついてくるものである、という考え方をしてみたらどうか。と同僚に言われた。まだ実感できていないが、少なくとも「こうやればできる」で唯一の方法だけ考えることはやめよう。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.