意識共有と表現の壁
Takaya Mizuno
61

日本語で話し合ってるのに違う言葉で話し合っているかのような違和感は確かにあったね。微妙な解釈の違いは各々にあった。(白状すると僕もそのテーマでmedium向けの文章書いてた。笑)みんなで集まる機会がどうしても少なかったうちの班で物作りしなきゃいけない時にどこまでこだわるかは難しかったよね。。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.