Shure MV88に2つのお願い

iPhoneにつなげられる高性能マイクとして名高い、SHUREのMV88を入手しました。

もちろん、犯人はbackspace.fm@drikinさんです。

自分のブログで書くより、ここに書いたほうが何かとよさげに思えたので、初投稿のネタにします。

製品の仕様などは、こちらをご覧いただくとして。

http://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/mv88

満足度80%。あと10%と10%の話。

マイクとしての性能は、それこそばっちりですね。
わたしのような素人に言われたくないでしょうけど、バッチリです。

嫌になっちゃうぐらい、鮮明な音で録音できます。
えぇ、もちろん、リップノイズも、息遣いも、ちょっと噛んだのも、
全部わかってしまうぐらい、キレイに録音できます。

でも、実際的な使い勝手の面で、2つだけリクエストがあります。

カバーしたまま装着できるようにしてほしい。

Lightningケーブルとスピーカーにまたがって開いているケースでないとそのまま装着できない。

写真を見ていただくと、Lightning端子とスピーカーの部分との間で、ケースが醜く切り取られているのがわかってもらえるでしょう。

そうなんです、こうやって切り取らないと、ケースのままでは装着できないんです。

なんか、それなりに下駄を履かせて配慮してあるような雰囲気なので、Lightningの部分だけの下駄にしてくれたら、うれしかったです。

マイクの可動域を180度にしてほしい。

MV88のメリットは、iphoneひとつで録音ができること。
となれば、当然、ポッドキャストのすべての作業をiphoneひとつでやりたい、と願うわけですよね。

試行錯誤の末に、Bossjock Studioというアプリを使って、ジングルを含めて多重録音、MP3化、FTPでアップロードまで、一挙に可能なところに行き着きました。

ヘッドホンが使えるように装着すると、マイクは手前側に可動しない。

で、唯一の問題が、MV88のマイクの向き!
録音の際にジングルを挿入するので、画面を見ながら録音したいわけです。
ところが、手前にマイクが傾くように取り付けると、MV88の土台の部分がヘッドホン端子をふさいで、ヘッドホンが使えない。
一発録りだから、ジングルが聞こえないとしゃべれないので、ヘッドホンが使えないのはありえない。

じゃぁ、ヘッドホンを取り付けられる向きでMV88を装備するとどうなるか?
上の写真のように、マイクは向こう側にお辞儀するようにしか、動かない。
お前の持ち主はオレなんだから、こっちにお辞儀しろ、ってなもんです。

技術的なことはわからないのですが、マイクの折れ曲がりの可動域を前後180度にしてもらえたら、ほとんどすべてのシチュエーションで活用できそうです。

ZOOMのiQ7が、このへんのところを全て解決しているみたいなんだけど、やっぱりSHUREを使ってる、って言いたいじゃないですか。だから、ここでお願いしてみる次第です。