コーヒーメーカーが欲しい

昨日もなんとなく見つけてなんとなくTweetしてしまった。

そうしているうちにかなり欲しくなってきてしまった。

これも「馴染み深くて新しいもの」に欲求を作りだされている一例だ。

そもそも「購買」という行為が習慣化しているせいもある。

しかしべつに私は「無印良品派」というわけではないので、ここから買うことについてのこだわりはあまりない。

ようするに、手間を省けると思うだけで、脳というのはポジティブに興奮する。

デザインがいいというのも多分に、脳にとっては認知しやすい、つまりがんばらなくてもすむという程度の話のことが多い。(悪い意味ですごく気になる、というのは脳にとっては最悪だが、それはそれで「粘る」というメリットがあるらしくてややこしいが)。

しかも「コーヒー」という「馴染み深くて好きなもの」に関する「新しい製品」というわけで、条件にぴったり合致する。

余談だが、Gigazineさんは相変わらず細かく操作方法を写真で伝えてくれるから安心感がとてもある。このへんが、長年にわたってPVを集めているゆえんだろうな。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.