Art Photo Concept — ”Layers of images”

前回の”There is no photo here to consume but me.” のコンセプトを友達の橋本さんに見てもらったところ、とても面白いアイディアを指摘してもらえて、

写真の撮影とプリントを重ねる毎に、思いが重なっている様に思えると。また、写真は見ても減るもんじゃないし、逆にこのコンセプトだと写真は増えている。

間違いない。

僕の思っている写真に対する雑な使われ方に対する思いが、必ずしも今回のコンセプトと重なっていない。

写真は、中判で撮影され、ポラロイドでその中判写真を撮って、そのポラロイド写真をデジカメで撮って、最終的に見てもらう形態は、ポラかデジタルでの撮影後の印刷物かウェブ。

ただ、この撮影を重ねる技法は古い写真の、記録的保護にも使える。事実上過去の写真を撮影して発表して、アートだと言っている人もいる。今回の僕はこの論法ではない。

深層心理の様に届かない心とオリジナル写真を直接見る事ができないというのがコンセプトで、さらに最初の写真から、撮影が繰り返されるたびに、プリントされるたびに、そこには違う思いが発生していて、撮影者やプリンターさんが変われば、さらなる変化がそこに伴い、最終的に見てもらえるものとなる。

このコンセプトでもし写真が、作品としてちゃんとした量と質をもってできれば、みなさんにお見せしようかなと、思います。

isolation and isolated standard art.

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.