噂のサマーレッスンをやってみた

とにかく初見の衝撃がすごい。3Dの立体感、存在感、そしてリアルボイスの本物感に圧倒され、ニヤニヤが止まらないと同時に気恥ずかしい。

しかしその新鮮さは長くは続かない。

自分は椅子に縛り付けられているが如く移動出来ず、更にいくらリアルといってもラブドールが動いているといった方が正確で、よく出来てんなー、という感想に収斂して行く。所詮は操り人形。

そして問題は育てゲームとしてはシンプル過ぎる点だ。つまりあまり面白味やバリエーションがない。場面は何せ喫茶店と女の子の部屋の二つだけ。

これはもともと技術デモから人気沸騰、急遽発売に漕ぎ着けた経緯を知ると仕方がない側面もあり、今後追加データによりバリエーションは増えていく予定なのでそれに期待したい。

3Dモデルの限界まで攻め込み、上半身をひねるという、めり込みがちな事に挑戦してクリアしているのには驚いた。

このヘッドマウントディスプレイ型VRは装着が大変な割に見返りが少ないかなあ。

Like what you read? Give のまのしわざ a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.