排気量250ccという特異点

オートバイにおける250cc以下の排気量というのはまさに特異点ともいえる存在。

250ccまでは軽二輪扱いとなり、車検不要。

125cc以上は自動車専用道路、高速道路を走行可能。

この2点において、まさしくお求めやすく、自由度が高い。250ccを超えると面倒な車検が待っているし、125cc以下は下道しか走れない。

しかし排気ガス規制、騒音規制の影響もあり、今の250ccは昔ほどスパルタンではなく、マイルド。

水冷単気筒、空冷単気筒、空冷Vツイン、水冷並列2気筒。

色々あるが、キャラクターに合わせてセッティングされており、結局のところトルクはどれも似たり寄ったり。車両重量で多少変わるが、加速性能に走行速度域は似たようなものである。

それだけに味付けが重要。つまり60km/hで走行しようとしたとき、それに至るまでの音やふけ上がり、シフトチェンジといったすべての動作、過渡特性がとても大切なのだった。

世界を見渡すと250cc maxというのを気にしているのは日本だけかもしれない。パワーと燃費のバランスを考えると、もう少し排気量があっても罰は当たらないはずなのだが、250ccに収める必要がこの国にはある。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated のまのしわざ’s story.