納得出来ないのはね

この世には、納得できない事がいくらもある。なんでそうなるの?それおかしいでしょ?

世間一般において腹立たしく思っていてもどうしようもないところはある。だが、自分事として判断するときに、自分で納得が行かずにモヤモヤすることはないだろうか?その判断を自分でしているにもかかわらず。

たぶんその大部分の原因は、こうではないかと思う。それは、「自分で自分がそこに持つ価値観自身を、きちんと理解していない、優先順位が付いていないのではないか」と。

自分が思う自分の価値観。ややこしいところ、微妙なところはあいまいにしがちだ。普段の生活でそこまで求められる場面もそうそうない。が、いざそこを突き付けられる事で、これまでしなくても良かった、先延ばしにしていた判断に迫られる。どちらを取るのか?どれを取るのか?複数の選択を同時に取れない事もある。が、時間もコストも限られる。どれだ?どっちだ?どの優先順位が高いのか?自分が分かっていなかったとき、自分で腹を決めていなかったとき、どちらに決めても、決めた後になって、「でもやっぱりあっちの方が良かったかも…」と意味のない泣き言を並べたり。

納得は、自分自身の価値基準、評価順序が理解できてこその納得。もちろん、そんなにスッパリ割り切れる人ばかりでもないだろう。ロジカルな人ばかりでもないだろう。が、決断とはそういう事。決めるというのは、どちらかがどちらかに勝るという判断をするという事。

納得とは、自分のその時の価値基準を明確にするという事。

責任を取りたくない人は、決断を誰かに委ねるよねぇ…。