USB-Cテスターとデジタルスケールを買った

題名通り検証用にUSB-Cテスターとデジタルスケールを購入しました。

以前MacBook Pro 2016向けのACアダプターの記事を書く際にテスターが無く困ったのと、重さの比較が出来なかったためです。

9/26にテスター購入したのに記事もドラフトのまま……。
そんなこんなでしばらく経ってしまいましたが追記したいことをつらつらと。

MacBook Pro 2016向けのACアダプターの記事と併せて読むと良いはず。


まず重量を測って軽いもの順に並べてみました。

  • GPD Pocket AC, 59g
  • Xiaomi Mi USB-C 45W AC, 101g
  • 謎の65W表記AC, 156g
  • Nintendo Switch AC, 165g (ケーブル含む)
  • Anker Power Port 5+ USB-C, 221g
  • Apple USB-C 87W, 290g

こう並べてみると純正のACアダプターの87Wが大分重いです。
見た目もそんなに大きくないため、余計重く感じるのではないかと。

こう見ると180g以下ぐらいじゃないと持ち運びしづらいのかなぁという印象です。軽くて小さいければ小さいほどありがたいですし。


テスターを使って給電を試みると、ケーブルの質などもわかって楽しい。

前回の記事で “謎の65W表記ACを人柱向けとしてオススメ” していましたが、手持ちのUSB3.1 5A対応のケーブルで充電できないなど案の定な奴でした。

記事を書いてしばらくした後 Amazon.co.jp で同じような商品が扱われ始めました。そちらのカスタマーレビューを読むと「60W」「ケーブルの相性」などの同じようなケースが見られたため、ロゴプリントやらを差し替えたものと考えられます。

これだから人柱はたまんないぜ!!!!


というところでAnker PowerPort Speed 1 USB-C Port 60Wがやはり求められているはずなのに、オフィシャルから無いことになっています。

まだまだUSB-C PD対応 ACアダプターを探す旅は続きそうです。