僕がニート時代に心を打たれた「たったひとつのコトバ」


バイラル崩れTABI LABO風のクソタイトルにしてみました。

僕がニートの時、毎日2chに入り浸っていて、大体雑談系の板とかニュー速とかにいたんだけど、やはりそこでどんどんネトウヨ的な思想に染まっていった。

中韓を揶揄するスレッド、匿名の有象無象が平日の昼間からわらわら集まってきて異口同音にテンプレ通りの書き込みを並べる。毎日これの繰り返し。見てるうちにやはり自分もその中の一人となっていった。この過程には2chの匿名だからこその同調圧力の強さ・洗脳装置としての優秀さなんかも関わってくるんだけど、それはまた別の話。

そんなある日、何のスレだったのか忘れたけど、こういう書き込みがあり、晴天の霹靂のように衝撃を受けた。事実、一年半程度のニート生活で毎日2chを見てて、唯一心に残った書き込みはこれ一つだけだった。

思い出す限りで書くと、

普通、人は学校や会社などの小さな集団に属して、その輪の中で認められたり、自分の立ち位置を確認したりするんだけど、ニートや主婦など、社会から切り離された人間は、自分を取り巻き自分を承認してくれる小さな集団を失ってしまう。だから国家や民族など、より大きな単位にまで遡らないと、周りの集団に属する自分というものを認識することができなくなる。

というものだった。

これが人のネトウヨ化する動機で、だからニートや主婦にネトウヨが多いという話。その人がその場で考えて書いたレスだったのか、それともどこかからの引用だったのか。分からないけど、自分自身が認識できる以上の正確さで、自分の内面を言い当てられたことが衝撃だった。事実、この通りだったから。

どこかの学校の生徒でも、どこかの企業の従業員でもない。どこにも居場所のない、誰でもなく自分自身ですらないニートにとって日本人であることが唯一の誇るべきアイデンティティとなり、支那・朝鮮という敵ができ、同じ日本人という仲間ができる。何もなかった孤独なニートに内と外ができ、初めて集団に属する自分が生まれるわけです。誇らしいですね。

ある程度平均的な知能があれば、実際のところはどうだったんだろうという現実的な歴史考証をするだろうけど、「慰安婦は存在しなかった!全部売春婦だ!」とか「中国人はクソ!日本人は民度高い!」とか、感情的で一面的な主張を、一方的に繰り返すだけだよね。これの半分は世界に恥を晒すネトウヨの浅薄なレイシズムであり、もう半分は、彼らが自分の存在と、まわりとの連帯感を確認する為の未熟なプロセスである。

これが承認欲求を満たし・自己肯定感を高める為のプロセスであるが故に、実名の社会でネトウヨである自分自身を現実に否定されるとその機序が容易く成立しなくなる。これがネトウヨの打たれ弱い理由だ。

実際のところ、この文明の発達した現代になってなお、人種差別や民族差別で日本人の品格を貶めてるのは他でもないネトウヨ自身である。愛国心があるなら愚かなレイシズムから離れるべきだ。なのでネトウヨを見かけたら面倒でもその存在を否定しておいてやるのがいいと思います。彼らは打たれ弱いので簡単に駆除できるだろう。

そしてこれの対極で、日本は悪い国だ、日本は反省しなきゃいけないと過度の主張をしてる人も、自分自身の罪業妄想を民族全体に投影しちゃってるだけだと、これは子供の時からずっと思っていた。狂信は常に別の何かを隠してる、ということです。

上手い〆が思い付かないが、書きたいことは書いたのでこれで終わりにしておく。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.