秋ビワイチオフ会

先々週に引続きどっか行きてぇなーと考えていたらふと思い浮かんだのがビワイチでした。とりあえず道連れが欲しいと思い募集をかけると数人が釣れました。

雨予報の中決行、スタートまでに上り曇りの状態でした。輪行でサクッと堅田駅まで移動し集合場所の琵琶湖プラザに向かいます。電車で一緒になったすずみねさんと1枚

フランス同盟

一緒に集合場所である琵琶湖プラザに向かいます。今回のメンバーは関西からすずみねさん、桐P、犬速さん、私。名古屋からむひょさん、コジマさん、さまーさん。岡山から川崎さん、バーローという各地から8人も集まってくれました。しかもほぼ実業団メンバーで2人はプロという集団、ゆるぽた()になる事は必至です。

曇り空の中琵琶湖大橋を渡り北上していきます。走れる人がメンバーの為特に注意もなく安心して走れます。

休暇村を超え始めてのコンビニで1回休憩する以外はガンガン進み気付けば昼食予定の水鳥センターまで一瞬でした。アベ38近くあったとかなかったとか….

私は1度仕事の電話が入り千切れて居たのですが桐Pが下がりアシストしてくれたお陰で先頭まで追い付けました。オーラが凄かった。

ご当地物を補給し歓談、休憩私はウナギとイチヂクを頂きました。美味でした。

付き合って2週間位な微妙な距離感。

レースに行くという桐Pが離脱、アップは十分ですな。ここから奥琵琶湖へ入って行きます。

遊び疲れペースも落ち着き皆んな撮影モードへ、

湖と少年

哀愁選手。

この辺りから空も青空へと変わってきました。

花がある男

ゆるいとは言ってもアベ30は割ることが無くサクサク進み気付けばいつもの湖岸へ、ここで一旦休憩します。

アイスが美味しい気温でした。

再出発するとむひょさんがパンク。私とすずみねさんが手伝い無事復帰、他のメンバーは先に言ってしまいましたが一本道で特に迷う事なくスタート地点まで戻れるのがビワイチの良いところ。ゴールで会えるっしょと気楽に進みます。

彼岸花が綺麗でした。

進んで行くとすずみねさんが脚がつりそうとの事、むひょさんに先に行って頂き2人で休憩しつつ進みます。

秋桜も徐々に咲いていました。こういうのにも気付けるのが自転車の良いところですね、復帰したすずみねさんと共に残り20kmを消化します。

この鳥居が見えると帰ってきた感んじ、

16時半には2人で琵琶湖プラザに戻ってきました。他のメンバーも問題無く帰っており一安心。解散の流れとなりました。すずみねさんは家族サービスレーシングで岡山メンバーは大阪で用がある為帰宅。残りの面子で補給に向かいます。

選ばれたのは何故か湖畔のお洒落なカフェ、補給食にエッグベネディクトを。周り女性だらけで完全に浮いてましたが気にしないw

楽しいビワイチになりました。

またライド企画します。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.