Self care to release stress one day at a time

今回、SLOW HOUSE が主催するハーバルマッサージの講習に参加してきました。

ハーブファーマシーの製品を試しながらプロのエステティシャンからスキンケア、ホームケアについて学びました。

イギリスではどの一般家庭でもハーバルバームを常備しているらしい。その用途は色々で、やけどや肌荒れ、乾燥、花粉症対策、血行促進など。バームはとても濃密なもので、一般に売られている化粧水は、このバームのほんの耳かき程度を水などで薄めたものだそう。

バームの特徴は、水すら使っていない濃厚さで、少量で多様に使えることです。

購入したバームの紹介。

スキン ブースター バーム: 顔や首のリンパマッサージに向いているそう。摩擦はシミの原因になるのでバームを塗る際は優しく撫でるようにします。リンパマッサージは心地よい程度に押しますが、首筋はゴリゴリせずに首に沿って汚物を流すように撫でます。鼻の横からチーク、耳、顎、の順に流れるようにバームを馴染ませます。これを数回するだけで頭も懲りもすっきりします。

ハーバルバーム: 花粉症に効くと聞いて購入。鼻の穴にこちらを塗るだけ。鼻をかんで鼻周りが荒れた場合もこちらを患部に塗ると良いです。夫は寝る前に塗ります。効果は少なからずあるようで、マスクをしないで寝ても朝の辛さが緩和された様子です。

次回試したいのは、アスリートバームと言って、塗ると患部がポカポカするもの。肩こりに効き目がありそうでした。

小さな子供がいて忙しくても日々の5–10分でも良いので自分の肌も身体も大切にケアしてあげたいですね。バームの香りとマッサージで1日のストレスをリリースしてから寝ます…。

Like what you read? Give Nozomi Gutierrez a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.