「アマー・ラッキー」略して 「アマー」。私はおばあちゃんを呼ぶとき、いつも「おばあちゃん」のあとに工場の名前をつける。

私が住んでいるところは、アマーが30年前から自宅として建てていたところだ。 まるで小さな村のように、工場の間に親戚の家が建ち並んでいる。 子供のころから、工場の作業音が自然な背景音だった。この工場は私の遊び場としてよくかくれんぼをしていた。そのとき、工場内でアマ―によくばったり会う。アマ―は、ゴルフカートを乗りながら作業員を監督したり、工場がきちんと整備されているかどうかをチェックしたりしていた。工場を人に例えたら、アマーは目と耳になる。

しかし、新型コロナウイルスが広がって以来、アマ―が工場を回る姿はほとんど見なくなった。 彼女は昨年、入院していたため、家族も含めて人に会うのがますます怖くなった。 彼女に会おうとしたら、フェイスマスクとフェイスシールドを必ずつける。 彼女の生活リズムは大きく変わっていない。しかし夜のドラマより、新型コロナウイルスに関するニューズをつくづくチェックしていた。

2020年5月9日、アマ―は85歳になった。 もう2ヶ月が経ったが、私たちは初めてZoom で会った。 アマ―のお手伝いさんの協力を得て、iPadでZoomミーティングを設定し、誕生日のお祝いのメッセージを送った。

Image for post
Image for post
ズームのバースデーパーティー

大家族の中で末っ子だった私は、他のいとこたちのようにアマーと仲よくはなかった。一緒に旅行に行くことはなかったし、じっと座ってアマ―の話を聞くこともできなかった。アマ―に会いに行くのは、大学のために日本に帰る前、形式的に「行ってきます」と言うしかなかった。その時、彼女はいつも同じ質問をしてくる。

「いくつになったの?」

「卒業したらどうするの?お父さんが待っているよ。」

「彼氏はいる?いい人がいなければ、いなくてもいいんだよ。 私みたいに独立していけば。」

私は彼女の質問を避けるのが得意。もしかしたら、私は子供の頃からずっと、アマ―の期待に怯えていたからかもしれない。ビジネスを続けなければならない!ラッキーは私の場所だ!そんな期待には重く感じていた。 みんなが見てきたような頑張り屋で野心家というより、 アマーは威圧的な存在だった。 不思議なことに、歩いて5分のところにいるのにもかかわらず、彼女との距離が遠く感じた。

最近になって、両親の励ましを受けて、やっと彼女に会いに行った。彼女は前日に父に私のことで電話をしていたようで、テレビで見た、日本に関するニュースに関係したものだろう。 部屋に入った瞬間、彼女の顔が明るくなった。

「ヌイ! どうした?」

「久しぶりです。」

「日本に帰るの?行かないで。ここで働いたり勉強したりしなさい。今は危ないのよ。」

時事問題から離れてゆっくりと会話をしていると、アマーはiPadからアルバムを開いて私に差し出した。


We live under the same roof, but we have entirely different lifestyles. We see each other every day, yet our lives only seem to meet at a tangent.

同じ屋根の下で暮らしていても、私たちの生活のリズムは全く違う。毎日お互いの顔を見合わせるのに、私たちは一瞬しか交じり合わないようだ。

เราอาศัยอยู่ภายใต้หลังคาเดียวกันแต่เรามีวิถีชีวิตที่แตกต่างกันโดยสิ้นเชิง เราพบกันทุกวัน แต่ชีวิตของเราดูเหมือนจะพโคจรมาเจอกันเพียงชั่วระยะหนึ่ง

Swing Kongtundee (Sorn) works as a full-time domestic helper in the Suphantarida household. Pitcha Suphantarida (Nuey) is a student currently studying in her final year of university in Japan. Sorn is an employee. Nuey is the daughter of the Sorn’s employer. But is that all there is to the relationship? Over one year, Nuey slowly learns more about Sorn. …


朝の11時、明かりが灯るのは家のキッチン。ガタガタという音が響き渡り、二人がキッチンテーブルを回っている。一人がシンクでお皿を洗い,もう一人はストーブでポットを見守る。その二人は、P’ソーンとP’エー。彼らは去年から私の卒業プロジェクトの調査対象になった。彼らを今まで観察したことの中で、私たちはキッチンでのつながりが一番多い。彼らが働いている様子を観察するのは、いつも楽しみなことだ。

12時近くになると、P‘ソーンとP’エーは時計をちらりと見上げ、緊張した様子でドアの方を見る。今日のメニューは「イェン・タ・フォー」。ピンクの海に浮かぶ白いつるつるした米麺に、エビやイカが入っている。海沿いの夕日を思い出す一品。

P’エーは新鮮なイカや、つみれを洗ってお皿に入れる。P’ソーンはポットを準備できたらテーブルに移動する。鮮やかなオレンジ色の唐辛子を刻んで酢と一緒に小鉢に入れ、トレイの上に置いてテーブルに運ぶ。すべてのものがテーブルに置かれたら、食事の準備が完了。P’ソーンとP’エーは床に座って一息つく。

Image for post
Image for post
「イェン・タ・フォー」

ランチタイムは、週末を除けば、家族が集まる時間だ。それでも、同じ時間に食事をすることはほとんどない。 日本と違って、「いただきます」という言葉がない。思い出せば、お互いを待つこともあまりない。お皿がテーブルに着いた際、遠慮なくパクパク食べ始める。

キッチンに入ってくる人はテーブルの上に置かれた調味料を見れば、今日は何を食べようとしているのかすぐにわかる。腹が減っている人はすぐストーブに向かい、自分で好きなものを入れる。ただテーブルで座って、後ろの方に向かって叫ぶ人もいる。

“เอาแห้ง เส้นเล็ก ซุ๊ปมาด้วยนะ” 「ドライ、細麺、スープも!」

“เอาน้ำเส้นใหญ่ ไม่ใส่หมูสับนะ” 「スープ付き、太麺、ひき肉なし!」

3人、4人入ってくると、カオスの状況に近づく。その依頼を先読みしていたかのよう、P‘エーは中身を入れてゆで始める。

バウルを手前に置いたら、食べ始められる?

いえ、まだ!

一人ひとり席から立ち上がって、それぞれの調味料を小さじ一杯ずつバウルに入れていく。もう少し混ぜれば食べられるようになる。

私は日本に住んで以来、調味料はシンプルなものにしか頼ってなかった。醤油、みりん、日本酒という定番の味付けの生活になった。フライパンで簡単に炒め、フライパンから直接に食べる。タイでは、ナンプラー、タイ醤油、唐辛子、ニンニク、オイスターソースなど、私の味覚を圧倒する調味料に取って代わられる。

麺類がある日は、ドライチリ、唐辛子の酢漬け、砂糖とフィッシュソースの4つのメインだ 。この4つをガラス瓶に入れて、小さなチームのようにまとめる。日本の料理と異なり、こういう「不完全な」料理が出てくるのは面白いと思った。なぜなら、最終的な味はチェフではなく、食べる人が決めるものだからだ。 家族の味付けを観察してみると、父が砂糖をスプーン一杯追加で入れたり、母がピンクの海が真っ赤になるまでチリフレークを入れたりするのが見えてくる。


In Winter Break of 2019, I returned to Thailand and quickly settled down to the rhythms of daily life back home. As usual, Sorn and I went to markets, made some dishes together. Throughout the two weeks, I compiled field notes of our interactions as well as photographs, which I presented in the seminar’s fieldwork exhibition.

The major turning point

When my grandfather passed in mid-July 2019, Sorn and I discussed revisiting Hua Lampong. We were at Hua Lampong temple for my grandfather’s funeral and Sorn was there to accompany my grieving grandmother. “It’s been almost 30 years since I…


Over the past week, I had the chance to visit Ebisu more often. Us, students were preparing for an exhibition, to summarise the work of our seminar. From ever rarely going to Ebisu, a short week of routined commute emerged. It did not take long before I remembered the different routes to the gallery where the exhibition took place.

I dragged my feet as I climbed up the slopes, my tote bag loaded with tools and paperboards. It’s still early in the morning, so restaurants were still closed for preparation. The sunny weather brightened the seemingly abandoned streets, mismatched with…


As I return to Japan from summer break, interactions shifted from the physical space of the kitchen to the digital space in our smartphones. Upon returning, Ae (Chanon), Ae (Pongpong) and I exchanged our Facebook and LINE. For Ae (Pongpong), she uses messenger to communicate with her family, and also to stream videos online. MeanwhiIe, Ae (Chanon) uses LINE. It was unexpected for us to use these platforms to talk to each other until we started sending each other photographs. …


4年生の卒プロ紹介
この度開催されるフィールドワーク展は、加藤研に所属する4年生が進めてきた卒業プロジェクトの成果報告の機会でもあります。フィールドワーク展を前に、4年生が自分の展示についてそれぞれ記事を書きました。ぜひご覧ください!
Image for post
Image for post
cred: Ayaka Sakamoto
1. 研究内容

わたしは自分の経路について考えるときに、場所やライフステージとともにかかわる人が変わっていると気づいた。日本に住むことになってから、日本の生活になじみつつ、新しい友達を作り、人と出会う。タイに戻ると、もともと付き合った人たちと再び関わるようになり、そして新顔に会う。その中で、私がずっと子供のころから一緒に住んでいた日本でいう、お手伝いさんや、家政婦さんのような人たちがいた。日本の文化にはもうないことかもしれないが、東南アジアではふつうのことである。彼らはわたしの家で働いている。おいしいご飯を作ってくれたり、掃除したり、家をきれいにしたりする。私は彼らを「P’」、お姉さんと呼んでいるが、家族でもない、仕事上の関係でもない関係性で暮らしていた。

前は彼らと別れたことを気にしなかったが、なぜ今はすごく悲しく感じるのだろうか。

今家で暮らしている「P’」を知るため、2018年から働いていた「P’ソーン」を対象に、フィールドワークを行った。P’ソーンを知ると、自分がどのように人とコミュニケーションをとるのか、または自分の家族とは何かをしるヒントになるかもしれない。


2016年、留学生としてタイから来て、日本はもうすぐ4年目。来年は卒業予定だ。これからどうするか、どこに行くのかをしみじみと考え始めた。まだ8,9ヶ月あるが、長くも短くもない。気づいた時にはまた新しいチャプターが始まっていそうだ。

最近、自分の日本で送った生活を振り返る機会があった。恵比寿で歩きながら、東京という街は私にとってどんなものなのかをぼんやりと考えた。恵比寿に初めて来たときは、2017年の頭だった。その時、タイのドラマの影響を受け、新宿にあった中古カメラ屋さんでニコンFEのフィルムカメラを買って、写真に興味を持ち始めたころだった。恵比寿は東京のどこにあるのかを気にせず、一人で東京都写真美術館の展示を見にきた。駅からすぐガーデンプレイスに向かった。Google Maps をずっとみながら、頭を上げないでぶらつかないように頑張った。やっと美術館についたら、片言の日本語でレセプションに伺った。

「Student Cardは discount ありますか?」

見に行きたかった展示の名前を指差して、お金を渡した。

展示会場に行き写真の世界に入ったら、緊張感はまだ残っていたが、少しずつリラックスできた。展示をまわり終わったら、一息休憩して、2階のバルコニーで1階のカフェにいる人達を眺めていた。帰り道はすぐ駅まで歩いていた。展示の内容は今は思い出せないが、美術館の窓に映る西日は未だに覚えている。恵比寿についてはこの美術館しか覚えておらず、ガーデンプレイスや恵比寿という街のことは認識していなかった。

Image for post
Image for post
View from above

それでも、日本に来たばかりの私にはこの美術館が個人のトップ美術館リストにすんなりと入った。

次に恵比寿に行ったときも、また東京都写真美術館の展示を見に行った。この時、親友を連れて行った。ちゃんとルートを覚えた私は自信があるふりをして、彼を安内した。この美術館の存在を知らなかった彼に私から紹介することで、「私も東京のいいところ知っている!」という誇りを持ち始めていた。そのあと、少しガーデンプレイスと恵比寿商店街の辺りを散歩することができた。渋谷のようにいろいろな店があったからこそ、情報量が圧倒されるほど多かった。結局レストランをGoogleで探したが決まらず、適当に中華屋さんに入って、一緒に夜ご飯を食べた。

2年後の今でも、恵比寿に行ったら必ず写真美術館による。そして、少しずつ勇気をもってその周りを散歩している。散歩しても、恵比寿はまだなじみがない場所だ。

私にとっての東京は、ホームでも観光地でもない、不思議な立場にあるところだ。街と言っても、とても広くて、まだ行けていない場所がたくさんある。そして恵比寿は、東京の他の場所のように、目的がないと接近しにくい街だ。会いたい人や行きたい展示がないと、めったに来ないところだ。東京に行くことになったら、待ち合わせがしやすい小田急線の新宿や渋谷などになってしまう。もしかしたら、写真について興味を持ち始めてなかったり、美術館について調べてなかったら、恵比寿と付き合う機会はなかったかもしれない。ただ通るだけの駅だったかもしれない。

東京にある場所へ接触するには、特定の場所でのかかわりからスタートすることが大事だと思う。その中で、人とも付き合って、だんだん思い出を作っていく。一人で東京を歩き回ることは楽しいが、だれかと行くことになったらもう一度寄りたいところになる。

ずっと美術館の話をしていたが、やっぱり私の記憶の中での恵比寿のサンセットが一番好きだ。写真美術館の前にあるアイスクリームショップの反対側のベンチに座って people watchingをした。 🌞


I began the project with the desire to get to know the helpers at my home better. In order to do so, I tested on a variety of methods and gauged on everyone’s reactions. Summer break was the time use different means to know Ae and Sorn.

The extraordinary events

As fieldwork began, there were many episodes that were beyond my expectations. Pong pong’s return to Myanmar and my Grandfather’s funeral were two big events which highlighted the summer break. Through these events, different facets of Ae and Sorn were revealed as they were physically put into different places. For…


Introducing the project

“Ohana means family. Family means nobody gets left behind or forgotten.” — Lilo and Stitch (2002)

Image for post
Image for post

Looking at this picture, I can remember her face and her voice. But why couldn’t I remember her name?

Ever since I was little, I grew up with another figure that is not my mother. She has multiple jobs to complete throughout the day. Not only does she have to look after me, she also helps out with the kitchen and clean the rooms. It’s a job that does not start at 9 or end at 5pm. It starts before I…

Nuey Pitcha Suphantarida

2nd year student at Keio University, SFC. Thai-born. Currently in Japan

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store