ながらをしながら好きな事を探​​せ

何かを探しながら生きる

好きなことがあるけど、日常の生活があるので、現在の仕事を完全にヤメてフラフラできない。基本、大抵のひと潤沢な資金がなければ生きていけません。

完全にいまの仕事をヤメルのも悪くはないです。

資産があるひとは、別に定職に就かなくてもいいんです。みんな世間体を気にするから、「絶対仕事」をしないといけないと思い込んでいます。

大昔から、人間は生きるために仕事をしてきたし、狩りと言う野生の仕事から開放されて、近代化したコンクリートの大地を踏みしめて生活しています。

人間も動物だから、いろんな場所にさまよいながら生きていました。スピリットはそんな野性味あふれる考えからきています。

現代人は、ひとつの場所に定住するのが最善だと思っていますけど、「定住」の最後には曖昧なものです。

普通に生きているだけで、企業の広告をみせられて脳が刺激を受容しているだけです。まぁ、知らないうちに私たちは企業に洗脳されているだけです。

いま、ほんとうに自分に必要なものなのかしれないものまで買うこともあります。それは、それでいいんですけど……。

だから、私たちは真の自分を見つけられないし、探し出せないひとが多いです。

ただ、好きなことだから必ずしも、それで生活ができるわけではありませんね。

だったら、別に正社員ではなくてもいいから、派遣社員でもして生活の基盤を作っていかなくなります。

いまは、大手企業であっても簡単に潰れるし、潰れない神話なんて高度成長期の話しになっています。

まだまだ、日本人は終身雇用を信じているひとが多いので、好きでもない仕事をストレスを貯めて仕事をしているひとが、ほとんどでしょう。

世の中は、そんなに簡単に割り切れないのは事実だけど、我慢にガマンを重ねていると、最後には精神的にも身体的にもは弊します。

当然、最後にはよくないことを想像したりします。

じゃあ、ひとつ考え方を変えて嫌いな仕事をやりながら、好きなことをしていけばなんとか生きていけます。

たしかに複数、物ごとを追うのは物理的に難しい面もありますが、自分の未来を自分で切り開きたいひとは、こんな道もあるのをもう一度考えても悪くはないです。

わたしのブログはこちらです。ぜひお読み下さい。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated out of round’s story.