派遣社員も悪くない時代である

案外、派遣社員も悪くないんじゃない?

いまでも、なぜか派遣社員より正社員と言う風潮が日本ではあります。

これからは、正社員と言う概念そのものが少なくなるし、もうそんな悠長な時代でもありません。時代が変わる場面では過去の固執した文化は通用しないからです。

現在、派遣で働いているひとは正社員から、ハケンと上から目線で言われて腹の立つおもいをしているでしょうが、いずれそれも過去の産物になります。派遣社員と正社員の分け隔てもなくなります。

逆に正社員のひとは、それはそれで責任が重いし勤めている会社からの重圧からは逃れられない。だからこそ、これから派遣社員は働き方として悪くない言い方になります。

大企業でも、いつリストラされるかもしれないし、現状の日本の雇用体制がこれまたいつまで維持できるなんて誰にもわからないからです。

消費税も上がったんだから、マイナス金利で銀行が貸し渋るなかで消費税が払えない中小企業なんてゴマンとあります。ますます増えます。

給料のベースアップすらない会社なんて、いまでも存在するんだから、給料が増える企業の方が少ないです。グローバルと化した世界ではさらに格差が広がってきます。

企業経営をしていても、サラリーマンとして生きていても、産業が一服した日本経済ではとても劇的な経済指標は期待できません。そんなのみんながわかっているけど、いざとなったら自分は大丈夫だとおもうのがいままでの終身雇用と言う根拠のない幻想が頭をよぎるんでしょうね。

年金しかり、それはいままでどうにか維持できただけの、まぐれの発想でしかないんです。

最近では、派遣社員のひとが正社員に誘われても、もう派遣社員でいいと言う話しもあると聞きます。もう正社員には魅力も保証もないのをわかってきたひとが多くなってきている証拠です。

車も、結婚も、マイホームも独り身ならそこまでいらないし、独身だとそれほど使わないで過ごせます。老後が心配で結婚を考えているひとも多いですけど……。

だけど、時代は正社員ではなくても生きていける時代だし、それほど正社員を雇用する会社も多くはないんだから、自分の好きなことをしながら生きることを最優先すればいい時代に変わっていきます。

もう、昔ながらの正社員にこだわることはやめて、好きなことをしながら自分のやりたいことを模索しながら生きていくことが可能になると捉えてもいいでしょう。

あなたは、それでも正社員にこだわりますか?

本文はここまでです。お読み下さりありがとうございます

本サイトはこちらからどうぞよろしくお願いいたします

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.