イオンモバイルにMNPしたお話

2年前に恩恵をうけたMNPによるiPhone値引き分が満了したため、docomoからイオンモバイルにMNPしました。

数あるMVNOから新参者のイオンモバイルに決めた理由は3つ。最終的にIIJmioとの2択でイオンモバイルにしたので、比較先はIIJmioになります。

1. 容量に対する値段が安い

IIJmioが3GBで1,600円に対し、イオンモバイルは2GBで1,280円、4GBで1,580円。

同じ容量じゃないから単純な比較ではないですが、1GB多い方と比較してもイオンモバイルが安いというのは決定的です。

2. 当日店頭受渡し

サービススタート当初は人気すぎて当日受渡しができない状況もあったようですが、2ヶ月ほどたった今は店頭の方は落ち着いてきているようです。

手続きから切り替え作業開始までは2,3時間ほどかかっていましたが、申し込み当日に新しいSIMで使い始めることができるというのは嬉しいですね。

切り替え作業に伴う利用不可能な時間も、自宅とイオンの往復+設定時間で1時間弱程度でした。

受け取ったあとも、SIMを差し替えてプロファイルをQRコード経由でダウンロードするだけだったので、よく分かってないでも簡単にできるんじゃないでしょうか。※手軽にWi-Fi接続ができる環境じゃない場合ってどうするんだろう…?

3. イオンという安心感

よく分からない人にMVNOで安くしようと言う際、イオンという良く知ってるところが運営しているというのは、けっこう安心感があるんじゃないかと勝手に思ってます。店頭で購入できる+ある程度説明も口頭でしてくれるというのもそういう人は助かりますよね。

私自身もMVNOの利用は初めてなので、変なことになっても何とかできる自信はありつつも、ちゃんと説明してもらえたのは心強かったです。

ここらへんはIIJmioだけじゃなく、他のMVNOと比較しても凄い強みとなるところでしょうね。

イオンモバイルの注意点

サイト上には契約期間縛りなし・契約解除料金なしと記載されています。これは間違いではないのですが、MNP転出に関しては180日以内だと1万円程度、181日以降は3000円程度の手数料が発生します。

※単純に解約するだけであれば料金は発生しません。

181日以降の手数料はともかく、180日以内の手数料は気をつけるようにしたいですね。

まとめ

以上、切り替えに関してはイオンモバイルにして何も問題がおきず、費用も割安となったので非常に満足しています。

数日ほど使ったところでは、今のところ特に接続・速度に関して不満はありません。

ただ、利用の仕方によっては他のMVNOが良いケース(たとえば多数のSIMを容量シェアしながら使いたいならIIJmioが良いとか)も多くあるので、事前に調べるのは大事だと思います。

それでも一考の価値はありますよ、きっと。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.