UPQというスタートアップ

UPQ は、中澤優子がたった2ヶ月で立ち上げた家電・家具の新ブランドです。
コンセプトは「生活にアクセントと遊び心を。」

彼女に初めて会ったのは昨年PMを努めさせていただいた経済産業省フロンティアメーカーズ育成事業の審査の時でした。
見た目の柔らかさとは間逆な芯の強そうなサバサバ女子だなぁという印象でした。

その後、いろんな縁でCerevoやDMM.makeも助けてもらいつつ。

この2ヶ月でその印象は間違ってなかったのだなと。
だってね、たった2ヶ月で17製品24種だよ…
よくやるなと。
DMM.make AKIBAを3ヶ月でってしんどいアピールしてたオジサンが恥ずかしくなるじゃないか!w

クリーンAndroid 5.1のLTE 対応 SIM ロックフリースマートフォン
HDCP 2.2 に対応した超大型 4K ディスプレイ(¥75,000だよ?!)
BA ドライバ採用の高音質イヤフォン
デザインコンシャスなリビングチェア
バッテリーを内蔵したスーツケース
etc…

UPQ構想を初めて聞いた時は「?」ですよ、えぇ。
でも、その「?」に岩佐さんはじめ、みんなが巻き込まれていくあの感じはまさにスタートアップでした。

作って売る、あたりまえだけどちゃんとそこにフォーカスを合わせたスタートアップがDMM.make AKIBAから生まれてきたのが嬉しくて。
作るだけに拘りすぎない靭やかなスタイルの中澤式ブランド立上げはこれからのハードウェアスタートアップな方々の参考になる部分も多いなぁと。
プロセスでは苦しみ楽しみつつ、売るって結果に拘ったんだろうな。

これからも楽しんで頑張れ〜。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.