【新機軸】 夏期講座のお知らせ

この夏はじめて実施する
まなびばの夏期講座のお知らせです。

これまで、まなびばでは個人の学習を指導してきました

グループ学習を始めます

これまで「まなびば」では
プリント教材で「読み書き計算」の力を
一人ひとりの実力に合わせて
磨き上げる事を中心に
学習指導をすすめてきました

子どもたちの学習が
上手く進まない根本原因が
学ぶための必須の道具である
「読み書き計算」の力が
整っていないことだ
と考えているからです

一人ひとりの「読み書き計算」の実力は
本当にさまざまです

同じ学年の子どもであっても
一人ひとりが取り組むべき課題は
ものすごく違います

ですから「まなびば」では
一人ひとりが自分の課題を自分で見つけ
自分で取り組むことを柱に
個人指導に取り組んできました

しかしながら
今回実施する夏期講習は
グループ学習です

個人学習とグループ学習

まなびばの夏期講座のネライは

  • 「読み書き計算」ではありません
  • 「学校の成績を上げること」でもありません
  • 特別な技術や知識を身につけることでもありません

本当のネライはつぎの二つです

  1. 学び方を学ぶ
  2. 学習回路を開く

と言われても
何のことか分からない
かもしれません

数人のグループで学ぶと、その内容はより豊かに深くなっていきます

学び方を学ぶ

学校に行くと
先生の言うことや
教科書や参考書に書いてあることを覚え
問題集で練習することが
学ぶことだと学んでしまいます

でも本当に自分のために学ぶというのは
そういうことではありません

大人になれば
どこをどう探しても正解がない問題に
予告も無く直面し
保証もなく取りあえずの答を出し
行動することばかりだからです

そんな決断をしながら
新しい事を学ぶ学び方を体験し
身につけてもらえるように講座を設計しました

この講座を受ければ
学校の勉強や仕事の課題にも
この学び方をいかせるようになります

学習回路を開く

もともと人は
教科書や参考書が無くても
偉い先生に教えてもらわなくても
自分で学ぶ力=自然学習力を
生まれながらにして持っています

そうでなければ
歩けるようにはならなかったでしょう

話せるようにもならなかったでしょう

どのようにして
歩く力や話す力を身につけたのか?

その筋道をくわしく分析し
別の課題でも再現できる
まったく新しい学習理論があります

「FILM理論」と言います

FILM理論この理論の視点から見れば
教わった事をもとにして
与えられた問題を解く学び方ばかりを続けると
人なら誰にでも備わっている学習回路が
閉じてしまうのです

ところが
FILM理論に沿った学習を体験すると
閉じていた学習回路が開いていくのです

もちろん今のところは
仮説の一つと言ってもいい段階です

けれども
私自身が体験もし実験もして
かつて無い学習体験ができる
と確信しています

この「FILM理論」に基づいた講座を
この夏開催いたします


扱うテーマは次の通りです

フォニックス講座(小5~大人)

  1. 知らない英単語が、アメリカ人のように読めるようになる方法が分かる
  2. 教えてもらっていない英語の読み方を、自分で探求する方法が分かる
  3. 英単語を覚える労力が大幅に減り、さらに加速できるようになる

親と子の作文講座(小4~大人)

  1. 自分の心の中から、書きたい事を探す方法が分かる
  2. 話の聞き方が上手くなり、講座の後も上達させる方法が分かる
  3. ノートのとり方が楽になり、講座の後も上達させる方法が分かる

スマホ写真でアート講座(高校生~大人)

  1. 写真構図の基本を学び、それを活かす方法が身につく
  2. 初めてのアプリを、マニュアルを読まずにマスターする方法が身につく
  3. 自分で決めたテーマに沿って、写真を探究する方法が身につく

発表力を飛躍させる講座(大学生~大人)

  1. 自分の考えていることを発見し、整理する方法を体験する
  2. 文章の構成の理論を学び、それを活かす方法を体験する
  3. 伝わりやすく話せるようになり、講座の後も上達する方法が分かる

麗しのウェブページ作成講座(中学生~大人)

  1. パソコンだけ、しかも無料で麗しのウェブページを作る体験をする
  2. ウェブページ作りを通じて、デザインする方法を体験をする
  3. 講座の後も、さらに良いウェブページを作る方法が分かる

くわしい日程などは、改めてお知らせいたします
今しばらくお待ちください

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.