TwitterとFacebookを一日止めた結果

暇があればTwitterとFacebookをしていた自分ですが、昨日から止めてみました。一日止めただけで良くも悪くも変化が出たのでメモ。もう解禁したいけど一週間は続けようかと思う。


変化1:普段の気づき、思ったことをすぐ言えなくなった

今まではすぐにTwitterに書いたりFacebookに書いたりしていたけど、それを止めたのでもどかしい

変化2:メールやLINEで連絡が少し来るようになった

TwitterやFacebookを止めたことを公言したので、そうでない連絡手段であるメールやLINEに連絡を数人くれた。

変化3:孤立をより強く感じるようになった

現在仕事をせず自宅での療養に専念しているため一人で過ごすことがほとんどな私には、社会との接点であるTwitterやFacebookを切ることは孤立を促すだけじゃないのかと思う。仕事をしていたら人と話すこともあるけれど。

変化4:ゲームする時間が増えた

TwitterやFacebookで暇つぶしをしていた時間がゲームに変わった。昨日ちょうど欅坂46のアプリがリリースされたタイミングだったからかもしれない。

変化5:睡眠時間が増えた

暇つぶしにゲームをずっとしていても飽きるので昼寝するようになった。

変化6:ブログを書く気になった

TwitterやFacebookで発信しない分、どこかで話したくなってきたからだと思う。双方向じゃない分どこまで自分が満足するかは未知数。


SNS依存を治すべきと以前から思っていたけど、治すタイミングはただでさえ孤独な今じゃなくてもいいのではと思った。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.