明確なものが見つからなくて考える日々。

でも、この時間は嫌いじゃない。

いろんなものが満ち溢れてるから。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.