自分が大事にしたいものをモチベーションにつなげる

背景

これを書いている2017年7月の弊社の状況は、(いつもながらに)芳しくはない。キャッシュが底をつく日がそう遠くない未来に迫っており、また次の資金調達に必要な明るいトピックもなく、足元でのキャッシュフローも回っていない。

そう、こう実際に書いてみるとのうのうとしている状況ではない(別に可処分時間だけを考えると、のうのうとしてもいないのだが)のだが、個人的に大きな問題を抱えている。

それは、こんな状況にも関わらず、仕事に集中できずに時間を浪費するクセがついてしまっていることだ。何というか、自分の中に必死感がないというか、モチベーションがないというか・・・最近の日報(Bear)を見直していても、そんな反省ばかりが出てきている状況がある。

一方で、最近年老いてきた家族のことを考えると泣きたいほどに「やらねば」という強いモチベーションが湧いてくるのも事実であり、それを日々の業務に繋げることができていないのが悔しいところなのである。

そんな中でふっと時間を持てた今、その「モチベーションの源泉」にあたるものを整理したく、このブログを書いている。

そもそも、現在の状況は(原因への考察)

繰り返しになるが、会社の状況を考えても、仕事に集中できない状況を作れるほどの余裕はないのが事実だ。

それにも関わらず、仕事に集中できず、余計なことに時間を使っているのは何故なのか?何でそんな余裕があるのか?

多分、端的に言えば自分の弱さ(嫌なタスク、考えたくないタスクがある際に、安易にそれから逃げようと、別のことを考えようとする)が一番の原因なのだけど、だからといって「よし、じゃあ強くなろう」と安易に結論付けることもできないのが情けないところである。

なんとなく、下記3点を整理しようと思うと、具体的な対策が生まれてくるのはないか?

  • モチベーションの源泉になっているもの
  • 外的刺激として燃えるもの(ヒロアカとかナルトとか)
  • それらを日常業務とどう繋がるのか

モチベーションの源泉になっているもの

これが全てではないけれど、最近を振り返って列記する限り、下記のようなものがあたると感じている

  • 家族:ここまで世話になって好き勝手させてもらって、それでも応援してくれる家族に、自分たちが間違っていなかったことを早く証明して、楽にしてあげたい。老後の余計な心配をなくしてあげたい。
    - Google Photosに最初に飼った犬のが死んだ時の写真があった。あんなに小さな動物にあそこまで愛情を注げる人たちを悲しませたくない。
  • 仲間:こんなに不完全な自分が立ち上げたこんな頼りない会社に集まってくれた仲間に恩返しがしたい。みんなでもっと良い景色が見たい。
  • 自分のプライド:控えめに言ってもプライドは高い方だと自覚しており、自分としては尊敬する起業家たちのような社会に崇高な変化を与えるために事業を行っていると自覚している。とはいえここは怪しい部分もあり、もっと腹落ち感のあるモチベーションとしたい。
    - 端的に、成功したい、自尊心を満たしたいという気持ちがあるのも事実であるように思う

外的刺激として燃えるもの

  • 尊敬する起業家たちのストーリー:著名な起業家はもちろんだけど、自分としては世の中に起こした変化の大きさで尊敬度が決まる気がするから、そういう願望があるように思う。
    - 特に好きなのはイーロン・マスクとムハマド・ユヌス。また成功後の活動という意味ではやはりアンドリュー・カーネギーは外せない。
    - 逆に(嫉妬もあるのかもだけど)スモールエクジットを狙うような起業家、大して世の中のためにならないような事業(所為、最近で言うとFintech系サービス)は全く尊敬の対象にならない。すごいな、頭いいなーとは思うけど・・・ここは健康的な嫉妬に繋げて行きたいところ。
  • マンガ、アニメ:最近だと『僕のヒーローアカデミア』これまでで言うと『NARUTO』は最高に燃えるマンガになっている。それぞれの主人公やキャラのように、純粋に目指す世界の実現だけに集中して燃え尽きたいという願望が強いと思う。
    - いっぽう、『Re:ゼロからはじめる異世界生活』のナツキ・スバルのような人間的かつ弱いが、純粋かつまっすぐなものにも憧れる。

トリガーをどうやって日常業務に繋げるのか

なんとなくだけど、上記のモチベーションのトリガーと日常業務とを繋げるには大きなギャップがあるように感じており、また理想論者過ぎる部分があるように感じる。

絵に描いた餅では意味がない、どうやってこれらを最大化して成果に繋げていくか。

基本的なことだけど、パッと思いついた感じだと、下記3点に取り組んで、様子を見てみようと思う。

  • 熱量の計測:こういうことを言っているんだから、そもそも日次ベースでそれができているかを計測する必要
    - 日報ベースで下記の項目を入れると良さそう
     — 熱量を保って仕事ができたか、そうでないとすると、その原因はなんだったのか
     — 週で目標を達成できたか、できなかったとたらどうやってそれを解決すべきなのか(整理と思考の時間を取る)
  • セルフケア:自分は弱く、こういった崇高な目標やモチベーションを持っていようが、すぐに左右され、楽な方向に流れていこうとする傾向がある
    - 自分の精神を健康に保つためのアクティビティを理解し、予定に入れ込もう
     — 運動
     — 読書
     — マインドフルネス(やってないけど)
    - こういう精神的な弱さをチームのコアメンバーと共有できる関係になろう
  • 自分の中の哲学を明確にする
    - 1点だけToDoっぽくなってしまったけど・・・
    - 多分自分の中の「哲学(考え方の体系や譲れない考え方)」が重要な気がする・・・それを汚された経験から研ぎすませていくことが重要そう

ということで、ちょっと頑張ってみよう。
少なくとも自分のレベルアップなしに今のフェーズを乗り切れるとも思わないので、やるしかない。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 五反田の社長’s story.