自分で作らなくても東大が作ってた

の、CSVアドレスマッチングサービスは知っていましたが、

シンプルジオコーディング実験と称してWebAPIがあったんですね。
知りませんでした。

試してみると、たしかにXMLが帰ってきました。

しかし、規約やサービスの継続性から考えると、自分で作るのも無駄ではように思えてきました。
自分の方はJSONを返すようにしてますし、JavaScriptでAJAXならJSONの方が便利です。

もしかしたら、オープンソース等で既にあるのかもしれないし、寧ろ、存在しないとおかしいぐらいの代物ですが、やはり、自分で作ろうと思います。