2017年は、これまでのはたらきかたを大きく変えた年でした。

「最近何やってるの?釣りしかしてないの?」と言われることが多かったのですが、その要因がはたらき方の変更だと思います。僕なりには、大きなアップデートを行ったので、僕のアタマの中を公開したいと思います。

奄美大島でキャッチしたGT

軸となる3つの考え方

2017年の12ヶ月を歩んできて、この3つが2018年の僕の軸となりました。

1. 身近な人を幸せにする

これまで3年ほどは、とにかく自分たちのサービスが大きくなること、影響力を持つことを最重要として仕事に取り組んできました。スマホの波に乗っていたときは、それが実現できたのですが、波が起こっていない時、既存産業を含む、大きな変化が起こらないフィールドで活動することを考えた時に、仕事をする軸を考える必要がありました。

選択肢は2つで、とにかくインパクトが出せるフィールド、チームで自分のパフォーマンスを出すこと。もう一つは、自分の好きな人、これまでお世話になった人とはたらく、ということです。

結果的に僕は後者を選び、この10年でお世話になってきた方々、そしてこれからの人生で付き合って行きたい方とお仕事をすることに決めました。

2. 文明と文化を分けて考える

僕と加藤拓也で設立した株式会社ローディーのミッションを「楽しく生きられる人が増える文化をつくる」と定めました。

文明とは・・・

世の中が進み、精神的・物質的に生活が豊かである状態。
特に「文化」と対立させて、技術や実用に重点がある、物質的な文化

文化とは・・・

哲学・芸術・科学・宗教などの精神的活動、およびその所産。 物質的所産は文明とよび、文化と区別される。

あらゆる活動が機会に置き換えられていく世の中で、人間が楽しく生きていくためには文化がより大事になる。その中で、趣味を圧倒的に肯定し、あそびの中に人間であることの意義を見つける生き方をしていきます。

3. 日本文化を学ぶことで世界に出る土台をつくる

この10年、スマートフォンアプリのサービスを運営してきて、国内では1,000万人以上の方が僕がプロデュースしたサービスを使ってくれたことになります。電車や街中で僕らのサービスを使ってる方を見かけたり、お会いする方がユーザーだったりということが日常になってきました。

日本にユーザーが多くいることをとてもありがたいと思う一方で、海外の人が、自分たちのサービスを使っていないことへの違和感が大きくなってきました。

そこで、海外に出るには、まず僕らの強みである日本の地、文化を学び、他の国の人との違いを認識することを目標にしました。そこで、釣りの旅や、祇園文化を学ぶことを通じて日本と海外の違いを認識していきます。海外を旅するのは翌年にしようと思っていたのですが、フライングしてセブ島に留学したりもしました。

時系列に振り返る

毎月なにか変化が起こり、1月時点では予測していなかった楽しい出来事が増えました。

1月

boketeのオフサイトミーティングで行ったハワイで、メンバーの新しい顔が見れた。普段会わない分、貴重な時間。元チームメンバーがアラモアナセンターで経営する天ぷらやに刺激を受けた。ついでに親戚とランチ。英語がもっとスムーズに話せたらよいなあ、と思い始める。

2月

愛知教育大付属中学校に音楽の授業に。狩猟社で制作した映像を見て先生がお声がけしてくださり、映像に音楽を付ける授業の講評を行った。教育というのは、スポットでも、少しの機会でも、みんなが少しずつ参加していくことで良くなっていくものだと思った。

サービスを「当てに行く」ではなく、「楽しいことをする」ほうにぼんやりとシフトするアタマになる。

3月

狩猟社の取締役を退任。今の自分が世の中にパフォーマンスを出せるのか悩み、空白の時間を設けて自分と向き合った。

家族で宮古島にステイして東京以外に住む選択肢を探したり、両親を旅行に連れて行ったり、これまでできなかった自分に一番近い人たちとの時間を過ごした。

旧友に会いに京都に行き、香川の野池でバス釣りをし、高知のイケダハヤト氏の家を訪ねたり。そのまま熊本にボランティアに伺い、南阿蘇の水風呂でサウナに開眼。今一緒にはたらいている人とも、多くを話し合った。

その中で、新しい場所か、これまでの仲間か、で後者を選ぶことに決めた。

4月

5期目に入ったプレイ株式会社の代表取締役としての活動をメインに。引き続きboketeを運営するオモロキ、ローディー2社にも関わる複業スタイルでいくことを決定。

表現手段の一つとして、写真を手に入れるため、新納翔氏の写真ワークショップに参加。時間ができたので、毎朝嫁と近所を散歩した。欲しいものを「手放す」ことで、新しいものが入ってくる感覚をつかむ。

5月

大学時代からの先輩でもあり、ハロのメンバーでもあったナベさんの株式会社ヤンにアドバイザーとして参加。マンガのコマをWEBで使えるサービス『マンガルー』と、リカバリーウェアのVENEXのEC事業に取り組む。海外アクティビティツアーのタビタツにも関わるように。

江戸川大学ではたらき方の授業。『LIFE SHIFT』的に言うと、この10年の変化はインディペンデントプロデューサーからの、ポートフォリオワーカーからの、エクスプローラーへの過程だ。この本は、学生に話しながらも、自分で何度も見返した。

6月

8月の祇園文化を伝える会の準備で、京都にて伝説の舞妓、岩崎究香さんと打ち合わせ。初のお座敷体験で舞妓さんと遊ぶ。文化に根ざした遊びだということを体感する。本田宗一郎さんや佐治敬三さんを贔屓筋に持ちつつ、お友達のように接してくださる

7月

ICJ吉沢さん、ほぼ日篠田さん、Anypay大野さんと2017年前半の振り返り会。客観的に自分を見れるすごく良い会だった。

サウナの聖地、静岡のしきじへ。南アルプスの天然水なみの水風呂に整う。

8月

伊勢神宮に特別参拝。素晴らしい気に満ちていた気がする。天照大御神から始まる天皇家の歴史も座学にて学ぶ。

目黒雅叙園にて、『昇る人生の課外授業』を開催。「伝説の舞妓」の岩崎究香さん、祇園甲部のトップ芸妓、舞妓、100名ものお客さんと楽しむ事ができた。ようやく祇園文化の概要がつかめてきた。

愛知にてLife is Techのワークショップ講師。中高生のエネルギーはすごい。毎年続けていきたい活動の一つ。『君の名は。』効果で、このスライドは結構ウケた。

9月

移動の多い月。

元ハロ社員の結婚式で神戸に。京都ではお座敷体験会を開催し、嵐山の遊覧船から、祇園にてお食事、お茶屋さんにお客様をご案内。

奄美大島にて初のGT(ジャイアントトレバリー)をキャッチ!釣り人生の夢が一つ叶った。Yahoo!釣り部の方々ありがとうございました!

仕事ではbokete大学生選手権をレッドブルにて開催。レベル高かった。そして、チャットボットの構築サービス『engage bot』を運営する株式会社REACTにアドバイザーとして参加。

10月

アドバイザーを務める妊活支援サービス『ファミワン』がonlabのデモデイで最優秀賞を受賞

嫁が切迫早産のため入院。久しぶりの一人暮らしにややバランスを崩すも、今しか出来ないことにトライする期間に当てることにする。

11月

サウナの本場、フィンランドでサウナめぐり。コミュニティである点が、日本におけるサウナと少し違うと感じた。水風呂のバリエーションは湖、海と豊富だ。ロンドンに転勤した弟とディナー。海外に出たい気持ちが高まる。

12月

セブ島に短期留学。1週間のみだが、英語の日常会話は大きな不自由がなくなり、海外の方とのコミュニケーションのハードルが圧倒的に下がった。(僕の場合は事前にレアジョブや、TOEICで旅行程度の会話はできる状態で行ったが、英語に苦手意識がある方は1ヶ月以上の留学がオススメ)

という1年でしたが、あっという間でした。年々難しくなってくると言われる新しいことへのトライと、移動のハードルが下がったことが収穫でした。京都も新幹線で2時間半!2018年は、この軸をもとに活動していきます。

当面は、個人事務所のプレイ株式会社の代表、boketeに関わる2社の役員、そして昨年からアドバイザーを務める会社5社ほどで複業を行なっていきます。boketeの海外進出、そして新たなサービスの仕込みもしていく予定です。

今年は関わる方にミラクルが起きますように!今年もよろしくお願いいたします!Twitterも呼吸するようにつぶやくぞ。


人間は、結構多くのタスクに追われているなあと感じています。漏れたらいけないような、でも管理するの大変、みたいな。猫を見ていると、ほんとにその時思ったことをやっていて健全だなあと感じます。

特にタスクを抱えていないうちの猫

僕の行動には、evernoteが中心にあった

evernoteが出てから、仕事、プライベート含めてほとんどのタスクをevernote中心に管理していました。

・タスク管理用のノート

ズラッとやることを日付別に書く。

・それぞれのノート

タスクの詳細を書く

というノートです。

スマホアプリが使い物にならないので、外でアイデアやタスクを思いついたときは、captioをアイデアメモとして利用。タスクに落とし込めていない期限のないアイデアを思いついたらこれでgmailに飛ばすようにしていました。

時々fasteverなども使っていたのですが、なんかフィーリングがよくなかった。

evernoteの限界

僕はevernoteというプロダクトが好きだったし、外部の脳になる、みたいな思想も好きでした。

でも、下記3つの理由からこれだけでは難しいと思ったのです。

・スマホアプリの出来がよくない(起動が重い、遷移が長い)

・テキストはいいが、その他のデータは扱いづらい

・テンションが上がらない

8年前はスマホ時代ではなかったので、PCベースでよかったのですが、明らかにその高機能さをスマホアプリに全部詰め込もうとする設計思想がよくないと思う。スマホファーストで考えて、使う機能から優先度をつけてアプリに実装すべきなはずだ。ここが変わらない限りは難しいと判断して、いくつかのツールを検討してみました。

検討したのはwundelist、todoist、trello。

僕の場合のニーズはこんな感じです。

・スマホアプリが使いやすい(サクサク動く)

・複数プロジェクトをマネージしたい(10個ほど)

・スマホ、PCで同期がスムーズ

・テンションが上がるデザイン

facebookで友人たち(インターネット系の人が多い)にきいてみたところ、この3つがよくあがりました。

とりあえず、wunderlist(ワンダーリスト)にしてみる

シンプルで、一番気持ちよさそうな定番を使ってみました。サクサクしていて気持ちいい。


2017年10月現在関わっているものです。(随時更新)

写真で一言bokete(ボケて)

ボケては約10人ほどのメンバーで構成されており、普段はslack、週1回MTGくらいのペースで運営しています。

web開発 :株式会社オモロキ

取締役兼最高戦略責任者として、事業戦略やアライアンス周りを担当しています。社

アプリ開発:株式会社ローディー

iOS、androidアプリのデザイン、運用がメインです。開発を株式会社ブレイブソフトと共同で行っています。

企業コラボ:株式会社キャッチボール

エヴァンジェリストとして、企業とコンテンツの面白いコラボレーションを開拓しています。UGC(User Generated Contents)にはUGA(User Generated Ads)がマッチするはずです。

株式会社ヤン

10人で3つの事業を行う企業。8期目です。僕のリスペクトする先輩であり、元ハロの創業時のメンバーである渡邊健太郎さんが代表の会社。リカバリーウェアのVENEXのEC事業が好調です。

動画制作、マンガルーをはじめ、マンガに関する事業を準備中です。

株式会社REACT(リアクト)

コミュニケーションをなめらかにするチャットボット制作ツール『Engage bot』を開発している会社です。誰もがGUI形式でLINE/Facebookボットを制作出来るサービスです。
http://www.engage-bot.asia/

コルクさんの、LINEボットでエンジニアを採用する試みが大きな成果を上げました。

http://recruit.corkagency.com/muttabot/

こちらも採用中です。

株式会社アングラーズ

僕の趣味は釣りなのですが、釣りがうまくなる釣果記録アプリを開発しています。

以下、制作中。

株式会社RisingAsia

タビタツ(たびのたつじん)を運営しています。

株式会社テスティー

若年層向けリサーチの会社です。

株式会社famione(ファミワン)

妊活を支援するサービスを開発している会社です。

プレイ株式会社

僕の母体となる事務所です。


キングコング西野さんの『革命のファンファーレ』を読んだ。「現代のお金と広告」という副題がついているけれども、クリエイターがここまで資金調達と、マーケティングについて語ることはなかなかなかったと思う。というよりは、これまでその部分には触れずに、「いいモノをつくる」ことが美徳とされてきた、ということだろうか。

いくつか、僕に刺さったキーワードをまとめてみる。

好きなことを仕事化するしか道が残されていない

これは僕がこの数年で実験していることでもある。

お金は=ストレスの対価

と捉えている世代がまだ大多数だが、ストレスがかかる仕事から順にロボット化されていく。そうなると、人間に残された仕事は、ストレスのかからないこと、つまり遊びや趣味しかない。

時間軸はこの数年で大きな変化が訪れるか、10−20年かかるのか分野にも寄ると思うが、少なくとも僕の場合は好きな仕事だけして生きることが出来ている。好きであることは、突き抜けることにつながり、なにかしらの価値を創出できるからだ。

芸人というのは、肩書きではなく、生き方の名称だ

芸人って、見ているだけで面白い。彼らの芸も、生き方も。僕も芸人でありたいと強く思う。

テレビとインターネットで求められる価値の違い

「好感度」ではなく「信用」

「認知」ではなく「人気」

が大事な理由が説明できない人は読んだ方がいい。

テレビでは、ビジネスモデルがスポンサーからの広告収入だった。だから、とにかくスポンサーが求めるのは認知度と好感度。

一方、インターネットで課金モデルをベースにする場合は、信用と、人気。本当のことを言っているか、広く浅くではなく、深く突き刺さるファンを持っているか。

この部分は、メディアを運営する僕らも気にすべき部分だろう。

「やりたい」というエネルギーが人を動かす

「やりたい」の力は大きなムーブメントを起こす。

一方、ただ「ラクに暮らしたい」だけの場合にはお金は集まらない。

コンテンツの、無料と有料の使い分け

西野さんは、コンテンツを無料でばらまいて貯信(信用を貯める)することと、ファンから有料でマネタイズする部分の使い分けが天才的にセンス良いと思う。

無料で貯信=コンテンツをばら撒いてムーブメントを起こす

それを使って、

有料でマネタイズ=オンラインサロン、クラウドファンディング

無料で絵本をばらまくとは何事だ、という方も多いけれど、その多くは自分の仕事の保身だったり、感情論だったりする。彼がそこを破壊できているのは、感情じゃなくて、今の環境の理解から来ているのだと思う。

クリエイターは、最強のマーケターであれ

彼が作品として生み出しているのは『えんとつ街のプペル』くらいだったりするのだが、徹底した「売る」ことへのトライと、webのグロースハッカーなみのPDCAにより、とにかく売れていることが分かる。売れるのだから、次の作品が創りやすくなる。クリエイターは、環境に甘えてはダメだ。自分で次の制作チャンスを生み出すこと。

もちろん、この「売る」部分が不得意なクリエイターは、得意なプロデューサーと組む手もあるだろう。ただ、境界線が溶け合っている時代ではあると思う。

編集者の箕輪さんの手がける作品は、今の時代の変化をズドンと突いてくる。こちらも激刺さりしたので、合わせてどうぞ。

前作の『魔法のコンパス 道なき道の歩き方』も面白かったけど、今回はそこから1年経って、その分の実験結果が公開されている。きっと、1年後には新たな実験とその結果が出ているのが楽しみだ。


尾原さんの『モチベーション革命』を読んで、自分はなんでこんなにお金のためにがんばれないんだろう、と思っていたことが非常に腑に落ちた。

世代によって違う働くモチベーション

「達成」

「快楽」

☝️

35歳

👇

「意味合い」

「没頭」

「良好な人間関係」

この本のテーマである、「なぜ、あなたは稼ぐために頑張れないのか?」だというフレーズに、どれだけの人が共感するのだろうか。先輩たちは、比較的「稼いで当たり前だろう」という方が多いと感じるが、僕ら(今35歳前後)の世代から後輩は、ガツガツ稼ごう、という人を見ることが少ない。

僕はモノが大好きなので、釣りや車、美味しいワインにもお金を使うし、お金自体は嫌いじゃない。

「面白くないけど儲かる仕事」ができない

しかし、普段の活動のモチベーションの源泉が『お金』だけになってしまうと、途端にやる気がなくなってしまうのだ。それは1,000円でもそうだし、1,000万円でもそう。楽しいこと、いいと思うことをして結果的にいただけるお金はありがたく使うけれど、「自分にとって意義を感じないけど儲かる」事業は全然手が進まない。

人と人をつなぐことは好きだけど、仕事にするのはどうなのか

この本にもあったけれど、僕は、人と人をつなぐことが大好きだ。仕事でも、

・○○さんを紹介してくれ

・○○ができる人って誰かしらない?

・○○さんから採用の応募が来たんだけど、相性どう?

など毎日のようにいろいろボールがくる。

自分が関わっているプロジェクトや、アドバイザー、投資をしている会社を優先的にケアしたりはするのだけど、世の中全体を考えると、人と人の縁をつなぐのに、バイアスがかかるのは良くないのかもしれない。

僕自身、自分の会社だけが儲かればよいとは考えないし、自社の成長だけを優先していた時期は、モチベーションが湧かず、事業をうまく進めることができなかった経験がある。

「好きなこと」こそ仕事にしない手もあるかも

だから、いっその事、好きなことは「仕事」にしないのがいいんじゃないだろうかとさえも思う。

それならば、趣味だ。趣味にすれば、続けることもできるし、辞めることもできる。好きなときにやればよいし、やりたくないならやらなきゃよい。

だからこそ、本当にインパクトのあることができるんじゃないか、なんて思ったりした。

編集者の箕輪さんの手がける作品は、今の時代の変化をズドンと突いてくる。こちらも合わせて読むのがオススメ。

南阿蘇・高森町にて

そんなことを考えながら、旅をしています。


「ボケて」をイベントでやるために、サーバーサイドとウェブ担当のReload山本 翔平が、大喜利システムを作ってくれた。

しかし、最終リハまで回線の問題が解決せず、システムの使用を断念。

そのときエンジニアの山本は、自らスケッチブックを買いに走った。

スケッチブックとペンがあればボケてはできるからと、イベントの成功を第一に考えてくれたのだろう。

今、Reload(http://reload.co.jp/)で山本と一緒にボケてを開発してくれる方を一名募集してます。興味ある方や他薦など、僕にメッセージいただければ幸いです。

※ボケては、オモロキ、ローディー、ブレイブソフト、リロード、ワディット、キャッチボール、プレイなど、パートナー企業と運営しています。


釣りが好きなんですが、この数年、各魚種ごとに釣り方や動画すごく細分化され、進化を遂げているなあと思ったので1つやってみることにしました。

専用ロッドとリールをゲット!

エリアトラウト(管理釣り場)は3年ぶりくらい。昔はバス釣り用の道具を転用していたのですが、ロッドが固くてアタリを弾いてしまうので、メルカリでほどよいセットをゲットして、行ってきました。

1. ABU Diplomat BORON 63UL+SHIMANO URTEGRA1000
2. SHIMANO EXPRIDE62SL+ DAIWA CERTATE2000

ベリーパーク王禅寺へ

川崎市にある、駐車場完備の釣り場。以前は東京電力が所有していたのですが、今はタックルベリーが取得して運営しているようです。3時間で3,000円くらい。女性はちょっとお得です。今回は8–11時の3時間勝負!

ベリーパーク王禅寺サイトはコチラ


生きていくと、日々寿命は減るけど、過去という宝物が増えていきます。例えば100歳まで生きるとして、今33歳。これまで33年分の過去があって、あと67年分の未来がある。そして、その間に、今の瞬間があります。

これからずっと、僕という存在は過去と未来の間にありつづけると考えると、結局、今の瞬間を楽しく、積み上げていくのが一番なんだろうなあ。

100歳まで生きるってどんな感じだろう

これまで、日本人の平均寿命は80歳と少しくらいと考えていました。しかし、これからそれがまだ伸びていくのが濃厚です。僕の祖母も92歳。少々痴呆はありますが、まだまだ元気です。

健康年齢がそのまま20年伸びる、と考えると、1つ前の世代とは違った生き方が必要になる。それをイメージさせるきっかけになってくれたのがこの本です。前作のワークシフトは、はたらき方の未来について考えさせられましたが、今回は、生き方そのものについて。

自分の中で実験を繰り返しながら、ジョブチェンジ、クラスチェンジをしながら模索していこうと思います。

「初心者になる」ことの楽しさ

とくに、1つの会社で仕事をずっとしていると、後輩が積み上がっていくだけですが、ジョブチェンジをしたらゼロからのスタートになる。そこで、「初心者になること」の大切さ、なんかを学べる世の中になったらイイなと考えています。そして、それはあたらしい趣味を始めることなんかでも体験できるのではと。

昨年乗り始めたバイク(バイクは借り物)

経験者じゃなくて、何歳になっても、初心者として学べること。年齢は関係なくなり、その分野においての先人がいる、くらいの感覚で進めるとよいのかな、と考えています。

経験してきた過去は宝物としてとっておいて、新たなものに取り組んでいく。そんな人生を送りたいです。

イセオサム

Playful Worker / スマホアプリのプロデューサー。写真で一言ボケて(bokete)など。才能を世に広めること、はたらき方の実験が好き。【これまで】日テレ→opt→HALO共同創業【今】オモロキCSO / 狩猟社取締役 / Roadie取締役 / PLAY代表取締役。 #釣り #自転車 #ギター

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store