この前卒業した母校から電話が掛かってきた。

マジメというのがどれだけ非効率、非クリエイティブなのかを生徒に講義をして欲しいという内容。

俺は、年頃の連中にそういう事を話すと勘違いするる奴が必ず出て来ますよ。と丁重にお断りした。

という夢を見た。

夢の中ながら少しはちゃんと考えて物言ってんなと自分で感心。

ホントにそういう講義が必要なのは北の将軍様の周りで一生懸命なんかメモ取ってるオッサン達である。 よくニュースで流れるあの光景。

究極に面倒くさがりの俺なんかICレコーダーに記録してあとでのんびりテープ起こしである。メモの内容にもよるけど、、

今日も一日そんな事ばっかり考えてたような、、

うーむ無駄だ。

最近個人的にチープトリックが最高にキテる。

元々はThe Flameぐらいしか知らなくて物静かなイメージしかなかったんだけど、なーんとなーーく聴いてみたらあっという間にハマってしまった。

感情を文にするのは下手なのだけどまぁ聴いてみると幸せになれるはずです。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 福島 Kazuma’s story.