ウクレレから音楽を学ぶ

ギターからウクレレに持ち替えて15年を過ぎました。

音楽を初めて始める人にとってもウクレレはとてもシンプルに
音楽を学べる楽器だと思います。

実際、僕も中学生の時からギターを始めて「わかんねーよ!」で1年放置した期間を含めて10年くらいかな?
PUNKが好きだったのもあるけどコードのカタチを覚えて
ピックでジャーン!ジャカジャカとしか弾くようになれませんでした。

弦が6本もあって多すぎるんですよ。

まぁ、それは言い訳ですが、
ウクレレを弾くようになって僕は
1音1音を大切に弾くようになりました。

この音がどんな意味を持った音なのか考えて
感じながら奏でるということ

音楽を味わう上でとても大切なことだと思います。

漠然と感じていた音楽(音)が
立体感を持って現れます。

これから
ウクレレ、ギターはコードを覚える。
という意味もわからず「型」から覚える前の
意味」からゆっくり理解できるように
僕が学んできた音楽を綴っていこうと思います。

(さらに詳しいことや、違った視点など、インターネットで調べれば
いくらでも学べると思うので、シンプルな理解の足しにしてもらえたら幸いです)

続く。

Like what you read? Give Hirasakana Oyogu a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.