一次元は点。

二次元は線。

三次元は奥行き。

これで立体の物質。空間の存在がある。

わかる。

この物質、もしくは空間の端から端まで行くのにかかる「時間」を加えて四次元。

なるほどとらえられる。

五次元とは「意識」。

「個々の意識や感覚などどうでもいい。それらを超えた大いなる「我」という感じ。」

うん。「僕」という人が4次元までの世界をとらえている。

そんな「僕」を知っているのは誰?

「君」という人が4次元までの世界で暮らしている。

そんな「君」と「僕」を包括する次元から感じる瞬間。

たしかに知ってる。

臨死体験の経験はないけど。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.