楽しさの部分

格ゲー初心者は格ゲーの練習をしたくて格ゲー始めるんじゃなくて、勝ちたくて始めるんだというような趣旨のツイートを見た。

たしかになあ。

Hearthstone というカードゲームがあってたまにやる。なんでたまにかというと、勝つのは面白いんだけど、私はあんまりデッキビルドとかはしたくないからだ。

デッキを作るのも楽しいんだけど、やはり適当にマッチングして遊ぶのよりもいろいろ考えなきゃだし敷居が高い。なので適当に作ったデッキでしばらく遊んで、飽きて、しばらく飽きたままで、気が向いたらまたデッキをいじってちょっとやる、という周期になってる。

面白さの部分というのがある。

写真を趣味にしている人は多い。なるほどそんなら楽しいのだろうとおもって写真を撮ってみるけどあんまり面白くなかった。とくにいい写真撮れないし。

最近はiPhoneでちまちまと昔撮った写真を編集してネットにあげたりする。これはたのしい。かっこいい写真ができるから。すんごく適当に撮った写真でもぐりぐりいじってるとマシになる。それっぽくなる。それっぽいという以上のことは私にはわからないので十分だ。これも面白さの部分だと思う。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.