イライラにはこうやって対応する

4月9日

話が合わなかったら仲良くなりません

パラリアでは周囲の人と勉強法を比べながら、自分の勉強法をブラッシュアップさせていくという方針をとっています。

人間関係のもつれが出るのは想定内のことです。

大学受験生ほどの年代だと、まだ他人の意見を他人の意見として受け取ることができないのは普通です。

いや、大学生になっても、社会人になっても、他人の意見をうまく受け取れない人が多いと感じます。

他人の意見にイライラしてしまうのはなぜでしょうか?

一つのこたえとして、

自分の考え方と違うから

自分の考え方が否定されていると感じるから

という場合がとても多いです。

他人が自分の考えを話しているだけなのに、「攻撃されている」と勝手に思い込み、イライラしてしまう人も多いでしょう。

この問題はそう簡単には解決できません。

しかし、対処法があります。

イライラしたら

「どうして自分はイライラしているんだろう」

と考えてみます。

そうするとたいていは、自分を守りたいからだとわかります。

そこまでわかってしまうと、イライラしながら相手に反論する必要がなくなったり、イライラそのものがなくなってしまいます。

パラリアでうまくやっていくということは、人間的にも成長することに繋がります。

厳しいハードルかもしれません。

ですが、人間的成長を伴わなければ、受験の意味も半分以下になってしまうと考えています。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.