【受験では終わらない】ゲストに聴いた、とても大切なたった1つの言葉

4月17日

浅見の大学の同期が、またゲストとして来てくださいました。

本日のゲストNさんは、

・自分の大学受験の経験
・大学に入ってTOEICの勉強
・研究内容
・インターン先のベンチャー企業の話
・質疑応答

という話題を主に話してくださいました。

浅見が感じた、特に大切な言葉は

人の話を聴くということは、その人の人生〇〇年間の集大成となるノウハウを教えてもらえるということ

こういった姿勢で人と接している方は果たして何人いるのでしょうか。

学びの最も基本的な部分を、あらためて気づかせていただきました。

Nさんは、学びの姿勢が本当に素晴らしく、
受験生以上の学びの姿勢を持っていることが
よくわかりました。

特に社会的実績を持っていなくても、こうした場を設けることによって、生徒にとっても、浅見にとってもとても学びになると実感しております。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。