受験生にとっての最大の敵の一つ:無意識下の拒絶反応

4月25日

英語をやると頭痛がする
この時間は集中できない

殆どの受験生は、追い込まれない限り、丸一日を勉強に費やすことはできません。

しかし、本人にやる気がないわけではありません。

受験生に限らず人には、恒常性という機能が備わっています。

昨日までの自分なら安全安心だ

こういった考えが無意識下に存在します。

大昔、何を口にしたらいいかを判断するための機能と言われています。

昨日食べて今日死んでないから、これは食べても大丈夫

という機能です。

ですが、これが現代では、今までのできない自分に対して働いてしまいます。

受験において、心を入れ替えて今まででは考えられないペースで勉強をすると、どうなるでしょうか。

からだは、今までの自分のままでいいんだと正当化しようと、あらゆる手段を使ってきます。

今日はいつもより遅く起きたから

なんかわからないけど今日はあまり気分が乗らない

周りがうるさくて集中できない

なんか頭が痛い

すぐ眠くなる

今日は雨だから

シャーペンが壊れたから

消しゴムを無くしたから

あらゆることを理由にして、できない自分を正当化しようとするのです。

これは、まさに無意識下で起こっているのです。

できない理由を考える達人になってしまっているのです。

しかもその思考を正常な思考と捉えてしまうので、さも全うな考えて勉強しないという選択をしてしまうのです。

そこを突破することによって、今までの自分ではありえなかった進化を遂げることができます。

そして、それを突破するためにあらゆる手段を使うのがパラリアです。

今回も最後までお読みいただき有難うございました。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.