大天使オラクルカードで遊んでいた7歳児。

カード全てを床に広げ、その中からラジエルさんのカードを取り、「わたしをいつも助けてくれる人!」と言う。

「ん?それどういうこと?」

「わたしが困っている時、助けてくれる人だよ」

「へーそうなんだー」

ラジエルさんという天使は、カードに描かれている姿は、白髪で白い髭をゆったりと蓄えており、何でも知っている叡智あるおじいさんという感じです。

両手を広げ神々しく光り輝いているその姿は、天使というより、神様という風貌です。

「このおじいさん、ラジエルさんっていうらしいよ」

「へーそうなんだー」

ラジエルさんが困っている時に助けてくれるって、良いですね。

そうして、きっと彼女を正しい道に導いてくれているんだと思います。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.