生肉を扱えることををよろこぶ中学生……安全優先の考え方がおかしくない?

中学生が母校に遊びに来る

卒業した中学生が、よく勤務校に遊びに来ます。部活がなくて時間があまったときに、母校の小学校に遊びに来るわけです。中学校のことや、友達のこと、TVのことなどとりとめもなく話をします。

実を言えば、彼らが暇な時、私たち教員は、めっちゃ忙しいのです。なぜなら、成績処理や年度末の事務仕事をするために子どもを早めに帰しているからです。中学校では仕事をするために子どもを帰し、ひまになった子どもは、母校の小学校に遊びに来る。そして、小学校の元担任は彼らの相手をすることになるという感じです。でも、せっかく来てくれる子たちを無下に追い返すことはできません。母校に来るなんてかわいいじゃないですか。だから、時間を決めて話をします。

生肉を扱えることをよろこんでいる中学生

中学生の話はとりとめがありません。中学校の話、友達関係の話、テレビの話題、成績の話、ネットの噂、……などなど次々に変わっていきます。50の中盤を過ぎた私にはついていくのがやっとという感じです。

そんな中、次のような話題が出ました。

子ども 「先生、生肉がつかえるんだよ!」
 私 「生肉? 何の話?」(物騒な話かと心配になりました。)
 子ども 「家庭科で、生の肉や魚を調理できるだよ。」
 私 「そういうことか。たしかに小学校の家庭科では生肉が扱えないからねぇ。昔は、できたのになぁ。」

中学生たちは、家庭科で生肉を調理できるようになったことをよろこんでいたのでした。たしかに、小学校の家庭科では生肉や生魚を扱えません。肉類を扱うのならば、ソーセージやハム、ベーコンなどの加工品でなければならないのです。中学生は、学校の調理で生肉が扱えることをよろこんでいるのでした。

昔は、小学校の家庭科でも生肉を扱えた。

実は、小学校の家庭科でも生肉を扱うことが出来たのです。子ども達は、家庭科で野菜炒めをつくるのに豚肉を入れたりしていました。また、野外活動でカレーライスをつくるのに豚肉を入れていました。もちろん、生の肉です。それが、できなくなったのです。原因は、O157の流行にあります。O157により亡くなった方がいて、生肉を扱うのが危険! ということになったようです。

調理に用いる材料は安全や衛生を考えて選択するようにする。児童が家庭から持参する場合は,実習の前に指導者が腐敗していないか匂いや色などを確かめたり,実習時間までの保管に十分留意したりする。特に,生の魚や肉については調理の基礎的事項を学習しておらず,扱いや衛生面での管理が難しいので用いないようにする。(小学校学習指導要領解説 家庭編 — 文部科学省)

危険が伴うから扱わせないでよいのか?

たしかに安全面・衛生面を配慮すれば生肉を扱わないほうがよいのかもしれません。でも、衛生面に配慮すれば、生肉だって小学生も調理できるはずなのです。
 危険がともなうから扱わせない……そんなことをいっていたら、手を切るおそれがあるから包丁やナイフは使わせない、転ぶから自転車には乗させない、刺さるかもしれないから鉛筆は使わせない、……ということになるのではないでしょうか?
 包丁も、自転車も、鉛筆も正しく扱えば、便利に使えます。そして、それを使うよろこびを味わうことができるのです。

中学生の子たちが、家庭科で生肉を扱えることをよろこぶとは思ってもみませんでした。でも、彼女たちの顔を見ると本当ににこにこしていたのです。生肉の調理が彼女たちにとってとても魅力のある学習になっていたのだと知って驚きました。

危険を理由にして様々なものを子どもから遠ざけることは正しいのでしょうか? 危険が伴うことを知って、それを使わせることに価値があるように思えます。

子どもは、ナイフで鉛筆削りをするのを喜んでいた。

先日、クラスの子ども(5年生)数人に、ナイフを使った鉛筆削りの仕方を教えました。私は、普段鉛筆を削るときにはナイフを使っています。それを見ていた子たちが「やりたい」といってきたのです。ナイフの安全な持ち方や、動かし方をちょいと教えれば、子どもはすぐに削り方を覚えます。器用さの違いはあれど、みな鉛筆をとがらせることができました。

翌日、日記にそのことを書いてきた子がいました。また、筆入れの鉛筆を全部ナイフで削ってきた子もいました。さらに、音読カードの保護者からの欄に「ナイフを使った鉛筆削りの仕方を教えてくださり感謝しています。本当は、親が教えなきゃいけないんですよね。」という旨のメモが書かれていました。

10年以上前、ケンカした子どもがカッターナイフで友だちを傷つけるという事件が起こりました。そのときの勤務校では、その事件を受け、子どものカッターナイフをあずかり、担任がまとめて管理しようという話が出ました。私は、それってどうなのか? と感じました。自分の教えている子がケンカしてナイフを使うなどとは全く思えませんでした。ナイフの扱い方をちゃんと教えれば、そんな事件を起こすとは思えませんでした。むしろ、子どもからナイフを遠ざける方が危険なのでは? とさえ考えました。

生肉もナイフも同じでは?

生肉もナイフも同じなのではないでしょうか? たしかに生肉を扱わなければそれによる食中毒は起こりません。ナイフを遠ざければ怪我もしないでしょう。

でも、安全を優先し、少しでも危険なものは遠ざけるなんてことをしていったら、子どもの経験する機会はどんどん奪われてしまいます。生肉を扱わなければ生肉の扱いは学べません。ナイフも同様です。ナイフの切れ味を知っていれば、友だちに突きつけようなんて考えないはずです。

どうすることが、安全なのか? 教育関係者だけではなく、大人みんなが考えなければならないように思えます。

おまけ

先日、何かで読んだと思ったのですが……出典を失念しました。

女子が、引く彼氏の情けない姿のひとつとして上げられたもの……マッチで火を付けられない。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Aoki’s story.