シン・ゴジラ観てきたざます

ピエール自身は映画ゴジラを見たことがありません。ええ。子供のころから。ウルトラマンとかとさほど変わらないものだと勘違いしてましたし。庵野秀明監督が作ったエヴァンゲリオンも見たことがないです。

はっきり言ってシン・ゴジラにも全く興味なかったのです。でもね。。

劇場にて撮影、ほんっとに面白かったざます
twitterを見るとたくさんの人がシンゴジラが面白かったと発言しているので気になって気になって、、、、

めずらしく僕の方から嫁ちゃんコピーヌを誘って行ってきました。ちなみに嫁ちゃんもゴジラ、エヴァともに興味なし。子供向けの特撮ものだと思っていたようです。

で、何の前情報もなしに観てみました。いやあ!素晴らしかった!トレビあ~ん!!

もっともっと感想を言いたいし、観た他の人と喋りたいと思っています。ゴジラファンではないのにです。出来ればもう一回見たい!

みなさんも観ないと損です。 ぜひ観に行ってください。


当店Magic Timeにはたまたま連れてこられただけでピエールはおろかマジックにも興味なく所詮子供だましでしょと思いながら来るお客様がいます。そんな人がマジックの現象をひとつ体験するごとにどんどんこちらの演技に興味を持ち最後には楽しかった、また見たいとおっしゃって下さることがよくあります。こういう方はたまたま連れてこられたからこそ僕のマジックを観て下さったのですが、そのたまたまがなければずっと所詮子供だましでしょと思ったままだったはずです。

興味のなかったこの僕がシンゴジラをみてみようと劇場に足を運んだように、マジックに興味のない人にお店に来てもらうには、どうしたらよいのか?

僕と嫁が観に行かなくてもシンゴジラは素晴らしい映画だったはず。そんな素晴らしいシンゴジラでさえ私たちは「内容が良いから見に行く」のではないのですね。そもそも内容が良いかどうかは観る前には判らないのですから。つまり必要なのは、

内容が良かったと言っている人が数多くいるという事実

だということですね。ではどうしたらこの事実を作り出すことが出来るのか。。

クチコミというのは操作できないと思ってしまったらそこで思考は終わり。全部じゃなくてもいいからどこかに操作できる部分はないか。どうしたら評価が高くなるかどうしたら数が増えるかどうしたら広がっていくか。

どうやらここに僕の課題がありそうです。

予約・問い合わせはこちら

Show your support

Clapping shows how much you appreciated ムッシュ・ピエール’s story.