勇者の名前は・・・

ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアーに参加して

昨日の大阪城公演を見に行ってきたざます。

イヤー素晴らしかった。映像と役者さんの動き、そして大きな舞台装置。それらを駆使した演出でドラゴンクエストというゲームの世界観を表現していました。

実は私ムッシュピエールはドラゴンクエスト、ただの一回もプレイしたことないのです。ⅠからⅩまで。全部。

だからゲームのファンからすれば、やったことないのになぜ行くの?と言われそうなのですが、演出家が超一流の方ということでキャストが発表がされる前にチケットを購入したのですね。

とはいえ全くプレイしたことのない人でも全く問題なく楽しめます。

全くプレイしたことのない方へのアドバイス。このシリーズのゲームはどのシリーズであっても「まずは冒険するプレイヤーの名前を自分で決めてからストーリが始まる」というゲームとしての大前提があること。内容は剣と魔法で仲間たちと旅をつづけその間に必要なアイテムを集め謎を解き最後にボスキャラを倒すことで平和を取り戻すなどの目的があること。それさえ知っていれば存分に楽しめます。

アリーナ席からだったので中川翔子さんの綺麗なお顔を間近で見ることもできました。顔ちっちゃくて可愛い。風間君の芝居はほんとゾクッとします。

このゲームが発表されてから30年、いつだって勇者の名前は自分自身でした。

今まさに人生という大冒険をしている自分の名前は、生まれた後にもらった大切な名前。それを誰からもらったのか。ぜひ改めて考えてみてもいいのではないでしょうか。

なくてもいいけどあった方が断然面白い!

こちらがオフィシャルのプログラムパンフレットと「トルネコのステテコパンツ」というハンドタオル。この二つを持っていた方が楽しみが増幅します。

グッズを買うのに外で並びますから熱中症対策を忘れずに。

とても素晴らしいショーです。まだ横浜公演が残っているのでぜひ見ていただきたい。特にゲームをプレイしていた方ならなおさらお勧めですがやってない人でも!

かつて勇者だった、そして今勇者であるすべての人にお勧めです。

予約・問い合わせはこちら

Like what you read? Give ムッシュ・ピエール a round of applause.

From a quick cheer to a standing ovation, clap to show how much you enjoyed this story.