つい文章に入れてしまいがちな「いらない語」5選
Ken Takeshige
1877

至極尤も。話し言葉とて台詞ならば削ぎ落として断定することが大切なのざます。

「私はマジシャンのピエールと言いますが、今から予言マジックというのをやろうと思います。それで、お客様、お願いがあるんですけどお手伝いしてもらってもいいですか?ここに封筒があるじゃないですか。これをちょっと持っていてほしいのですけど。。。お願いします。」

これは酷い例ながら決して大げさではないのよね。

正しく話すとこうなる。

「私はマジシャンのピエールです。今から予言マジックをご覧いただきます。お客様、お手伝いをお願いします。ここに封筒があります。持っていてください。」

伝える内容は同じだが演者の雰囲気が全く違うざます。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.