魔法の世界を観てきたざます

連休を利用して東京は汐留に行ってきたざます。劇団四季の電通四季劇場「海」

こちらで演じられている「Aladdin」ーアラジンー

入る前からワクワクドキドキ、アラジン、ジャスミン、ジーニーに会えるざます!

これまで「オペラ座の怪人」「美女と野獣」を観ましたが、これが3作品目。ディズニー映画も見たことはなく原作のアラジンと魔法のランプの話もうろ覚え。よく知っているのはディズニーランドにあるマジックランプシアターの出し物だったりして。

そもそもの始まりはJALのマイルが貯まったから。海外旅行が出来るほどには貯まってないし、と言って買い物に使ってしまうのも味気ない。どこかプチ旅行できないかと特典を探していると「劇団四季・アラジン鑑賞ツアー」なるものが!!嫁ちゃんコピーヌも大賛成。数か月前にチケットを取りシルバーウィークを楽しみにしておりました。

ご存じランプの精は「魔人ジーニー」。もちろん魔法が使えるのざます。というわけで劇中でふんだんに演出としてマジックが使われます。まずはジーニーが自分の力をアラジンに見せつけどんな栄華を究める願いも3つかなえられると説くシーン。突然現れる食べ物や美女、そしてアラジン自身がイリュージョンで消え去り再び別の場所から現れます。

また劇の見せ場「魔法の絨毯」はワイヤーで吊っているなんてことはなく、本当に本当に浮いているんです!!このイメージ画像そのもの!!正直に言ってどうして浮いているのかマジックが本業のピエールでもわかりません!!

こちらから画像をいただきました。⇒http://prcm.jp/album/character/pic/18973543

日本のアラジン公演に際し、イリュージョンの監修をしたのが

ジム・ステインメイヤー!!

「ゾウを消せ」の著者として有名な世界的イリュージョンデザイナー。マジック愛好家ならご存知の、あのダグヘニングの元で7年も勤めていたそうです。

道理で全然わかんないわけねー。浮きながら方向が360度自由に変わるというワイヤーで吊っているとは思えない動きを繰り返し後ろの星の照明のおかげで本当に夜空をアラジンとジャスミンがランデブーって感じ♡♡♡

もちろんマジックの部分だけではなくストーリー、衣装、素晴らしくて素晴らしくて

さっすが劇団四季!

って泣きながら観てました(最近感動して涙流すのにも涙腺弱くて弱くて)

忙しくてピエールのマジックを観ることが出来ないかたはせめてアラジン見てね。

こちらマジシャンの亜羅仁さん

あ、こちらの亜羅仁さんのことではないざます。いや、この亜羅仁さんもめちゃくちゃ素敵なマジシャンではありますが。

劇団四季、アラジンーーとってもとってもお勧めざます。とりあえず来年の6月末まで演じてらっしゃいます!!

予約・問い合わせはこちら