パーティーの食事と2012年の起業家の食事

一時期バズってたこの記事。まあ、言いたいことは分からなくはない。

パーティーでは食べるな!

パーティーに出席すると、開始するやいなや、寿司や天ぷらの列に並ぶなりして、食べ物を(上司である私とかに)持ってきてくれる社員がいました。気を遣って頂いて、大変ありがたい話なのですが、次回からはそのような行動はしないように、お話ししました。というのは、私はパーティーでは「食べない」ことを奨励しているからです。

僕は、そもそもパーティーなんて滅多に行かない(というか、お呼ばれしない)けど、行っても人と話すのが好きなので、食べるのは後回し。だから、気づいたら食べ物がない・片付けられていた、、、ということがよくある。

でも、パーティーのような大人数ではなくて、気心の知れた人達との飲み会なんかだと、お酒を飲まないもんだから、ずっと食べてるんだよね。飲み代同等の食事量は頂いている(笑)

パーティーの食事でふと思い出したのは、2012年ぐらいに某シードアクセラレーターが毎週夜に開催していたスクールで出てきた食事。なんと、その場の出来立てが出てくるのだ(すぐ隣で料理している)。普通なら出前のピザか、銀の皿でも良さそうなところに、ホッカホカのパスタやグラタンが出てくる。もちろん美味いわけで、集まった20名の若者がガッツリ食べていた。

で、そんな食事を出していた理由が「普段いいモノ食べてない起業家に、ここに来たら美味しいものを食べさせてやりたい」だった。そういう心意気って嬉しいよね。今でも感謝してます。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Hiroyuki KOIKE’s story.