LINE BOT API を使ってみて

twitter に始まり、Amebaなう、Slack 、そして Line に至るまで、様々なプラットフォームで bot をいじってきたけど、プラットフォームが変わるだけで、時代が繰り返される印象。あえて言えば、twitter はオープン性、Slack は定型業務のコマンド化、Line は販促サービスとの統合という点に特徴がありそう。

チャット bot の未来を感じてみたい人は、ぜひ piaScore http://bit.ly/piascore をダウンロードしてみて欲しい。アプリ内で、こちらのサポートbot(僕ね、笑)とチャットできるようになっているのだ。

毎晩、アメリカの高校生(学校で piaScore を使っているらしい)が絡んできて面白いことになってる(笑)

※ 写真は学生とのチャットではないです。