雨のバス停にて

連休中に目一杯遊んだのでこの週末は特に予定はなし。

天気予報は西から下り坂とか。空模様を気にしながらバス停の列に。

待ってましたとばかりに勢いよく降り出した。重苦しい空を睨んでいると隣から優しい声。

「天気予報って、こんな時には外れないわね」

微笑む女性は週に何度か同じバスに乗り合わせる方。

「これからまた梅雨が近づいて、イヤになるわ」

ええ、本当に。

でも、名も知らぬ方との何気ない言葉を連れきてくれるなら、雨も悪いものじゃない。

我が家のポーチでは葉を伸ばし始めた紫陽花が嬉しそうに雨に濡れて。

おかえり

「ただいま」

やっぱり雨、悪くないかも。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.