道端に咲く花

ガザニアです。花言葉は「蜜月」、「君を誇りに思う」、「身近な笑顔」など。

ガザニアは日光が大好き。白や黄色、オレンジなど多彩なカラーリングが特徴。濃緑の葉を太陽へ向けて伸ばし、色付いた花弁を誇らしげに開いてみせます。

ゼラニウム同様、葉や茎の部分から発生する独特のニオイがちょっと苦手。でも変なニオイを放つ植物は色がはっきりとしていて生命力たっぷりなものが多いように思います。不思議、けど納得。

あれですね、ヒトの個性と似てますよね。少々クセがあるけど、その魅力にハマるとそれこそクセになるような。

ガザニアはそんな子です、私にとって。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.