「何者でもない」から最高の幸せがある。21歳・ニートなのに婚約をした男友達が教えてくれたこと。

「若者の恋愛離れ」。草食系や肉食系、ロールキャベツ系、などの言葉と相まって世間が興味を示す。”付き合えない”ではなく、”付き合いたくない”。

「本当なのか?」、「信じられん!」と感じている大人もいるだろう。確かに、22歳の僕の友人を見渡しても、そんなことは無いと思う。

しかし、データ的には確からしい。技術が進歩し、生産性が上がり、物が溢れ豊かになった矢先、恋をする時間がもったいないという始末。変な世の中。

「どんな時代になるのか?」と傍観する選択肢もあるが、小さくとも一石を投じたい。

ということで今回は、若者世代(=何者でもない者、モラトリアム真っ只中の人間)が恋愛をすることの素晴らしさについて、一人の男を通して考えてみる。名前は大友純貴(21)、ニート。先日、婚約をした。愛すべきバカだ。

大友純貴(※ 彼女、ムッチャ可愛い)

ーー自己紹介をお願いします。

考えること、挑戦すること、行動すること、が大好きです。それらは正直、面倒くさい。でも、逃げなければ、喜びを得ることができると思うんです。傷つくかもしれないが。

つまり面倒くさいことをすることが僕のポリシーです。

ーー今は何を?

学生を2年間やってて、3年に上がる予定だった今年の4月から休学しています。岐阜県の高山市で3月から働いていたのですが、3ヶ月間で辞めました。

次に何をやるか決めて辞たのですが、それを実行することも辞めている状態が今です。つまり、ニートです。奨学金の余りで生活し、家は実家か居候です。

ーーニートだけど、婚約をしているそうですが…

そうです。高山で出会った女性と。

ゴールデン・ウィークに共通の友達に誘われて、彼女の家に遊びに行ったのがきっかけで。出会って4日後には告白しました。

ーーそれはそれは、急展開。もう少し詳細に教えてください。

はい。

出会った日の5月3日から気になってて、冗談で好きだと言ってました。でも、その時は本当に冗談半分、彼女をつくる気は無かったです。

でも、その時に感じたのが、最近の僕は恋愛に対して逃げてしまってるんじゃないかってこと。なので、彼女としっかり向き合あってみようと、5日の夜、2人で3時間くらい話しました。

真剣に話す姿、キラキラ輝いている目、それと考え方に惚れて、直感で「こんな素敵な女性、彼女しかいない」と思ったのが決め手。「一生幸せにしたい」と、告白前から伝えてましたが、正式に告白したのは、7日の朝です。

でも、振られました。

ーーええ! はじめは振られたんですか?

原因は、「一生幸せにしたい」という言葉に対して、僕は覚悟をしていたのですが、向こうが完全には信用できていなかったこと。

例えば「幸せにするっていう言葉、3か月後にもちゃんと言ってくれるの?」とか、「何年たっても言ってくれるの?」とか…。

それでも僕は永遠に変わらないと何回も伝え、プレゼントを渡したり行動でも示しました。

それらが認められたのか、告白した2週間後に、逆に彼女の方から僕に告白をしてくれたんです。

ーーすっごい、ロマンチック! そこから、どのように婚約の話に?

僕も彼女も子どもを3人ほしいと思っていて、彼女は25歳。なので、20代のうちに子供を産みたい、と話してます。なので、3年後に結婚すると誓いました。

ーー婚約してから変わったものは?

自分の人生に対する覚悟ですかね。

ーーというのは?

子供3人ってのをリアルに考えた時に、今は全く金を稼げてない。そして、ただ稼ぐのではなくてワクワクした状態で金を稼ぎたい。そんな姿を子ども達に見せたい。

そう考えると、3年のタイムリミットが効いてきます。

ーーでもニート、ですよね。不安は無いのですか?

あります、あります 笑

一番は、仕事に対して。自分一人だったら、その日暮らしで充分ですが家族がいるので…。

ーーふむふむ。

あとは、何にも属していない不安も。

問題ないと言い張りたいのですが、心のどっかで不安になります。何もしなくても何も言われないし、誰にも必要されてない。

ーーその不安があるけど彼女を幸せにできる自信は?

あります。

ーーなぜ?

信じてくれてるので僕のことを、何もないクソみたいな僕のことを。

ーー信じるってのは、言葉を?

言葉と行動。僕は今、底辺の人間、何も無い裸の僕を信じてくれてる。それだけで、無敵です。

ーー今幸せですか?

幸せです。こんな幸せなやつはいません。最高に好きな女性がいて、その人が最高に好きと言ってくれて、本当に最高です。


”何者でもない”、その状態だからこそ感じれるものって?

Show your support

Clapping shows how much you appreciated 伊藤優汰’s story.