ソーシャルメディアにおける誤情報という問題

ソーシャルメディアの誤情報と戦うことは容易ではありません. メッセージが転送されるのは家族やインドの学校のグループやプライベートチャットでも普通にあることです。。これらのメッセージの多くは、それが癌のための奇跡のアーユルヴェーダ治療法、または、政治的なメッセージであろうと、「受け取ったものとして転送する」、「広く共有してください」という文が本当に表示されます。そうなんです。私たちの両親、叔父、親戚、友人はこれらの転送を受け取って、確認せずに喜んで、連絡先リスト上の他の百人にそれらを送信します。誤情報の問題は重大であり、被害状況はその結果がソーシャルメディアの世界を超えていることを証明しています。しかし、WhatsAppやFacebookなどの人気アプリを非難するのは簡単ですが、この誤情報はソーシャルメディアだけの問題ではないことを覚えておくことが重要です。インドのメインストリームメディアでもそれくらいのことをしています。

インドの有名な叙事詩「マハーバーラタ」でその明らかな実例を紹介します。叙事詩の中で、パーンダバの兄弟は陸軍カウラバの司令官「ドロナチャーリヤー」を排除したいのですが、公正な手段によってそうすることができないことをよく分かっています。バーンダバはドロナチャーリヤーの戦意と生きたいという意志を打ち破らなければならなかったのです。だから、パーンダバはビーマに「アシュワッテャーマ」という象を殺してもらい、「アシュワッテャーマは死んでいる」と宣言しました。

ドロナチャーリヤーは死亡したのは同名の息子であると疑っていました。ドロナは自分の息子が死んだとの悪い知らせを信じようとしませんでした。だから、人々から信頼されている「ユディシュツラ」に確認することにしました。ユディシュツラはクリシュナ神に駆り立てられたが、うそをつくのをためらって「はい、アシュワッテャーマは死んでいる。象かもしれないし人かもしれない。」という真実の半分だけを言いました。

クリシュナ神はユディシュツラが言ったことの後半部分をかき消してホラ貝を鳴らして知らせました。ドロナには「アシュワッテャーマが死んでいる」としか聞こえませんでした。取り乱したドロナが武器を下げて泣き始めると、クリシュナ神の命令でドロナはデュリシュデュユムナに殺されました。

ユディシュツラが伝えたのは虚偽です。事実ではありません。だから、パーンダバは偽のニュースを広めたことに罪悪感を覚えました。

実際、世界全体がフェイクニュースの危険性に振り回されているようです。フェイクニュースは目新しいものではありません。しかし、ソーシャルメディアプラットフォームは、伝達の範囲と速度を誇張しています。今日はフェイクニュースが何よりも速く広がります。消費者の過半数が転送されたメッセージの信憑性を確認しないので、これは更に大衆に混乱を引き起こしています。フェイクニュースを含むことを調査する機構がなければ、幾多の予期しない結果がうまれてしまいます。

では、私たちはフェイクニュースについて何をすることができますか?フェイクニュースに取り組むためには、障害報告ツールやフラグツールなどがありますが、デジタル・メディア・リテラシーを持つことと懐疑的に情報を評価するスキルを育てることがさらに必要とされます。全てくまなく見ること、ヘッドラインのみならず内容も精査すること、事実を確認することが必要になります。オンラインで見れる膨大な情報とフェイクニュースの増加が懐疑的思考の必要性を強調しています。