ヒューマンテトラクロマト

コンセッタアンティコ

オーストラリアの芸術家コンセッタアンティコは唯一の確認されているテトラクロマトです。ねえ!このテトラクロマトは何ですか?

人間の目には何百万もの円錐形の細胞がつまっており、色を知覚することができます。通常の視力を持つ人々に3種類のコーンが約100万の独特な色のビション を認めます。いくつかの動物類、特定の鳥類、昆虫類、魚類および爬虫類には色の知覚をUV範囲に拡大する第4タイプのコーン細胞があります。まれではあるが、アンティコのような人間にはこの第4タイプのコーン細胞があります。それで、彼女の目は、平均的な人ができない色の次元とニュアンス[およそ1億]を拾い上げることができます。

例えば、アンティコは葉を見る時、異なる緑以上のものを見る。

「縁の周りにオレンジや赤、影に紫が見えます。色のモザイクのようだ。」

アンティコは世界で見ているものを描き、彼女の目を通して私たちに世界をちらりと見せます。下記は彼女の絵の一部です。

実際に彼女は上記のように世界を見ているかどうかは分かりません。恐らく、決して分からないでしょう。でも、これらの絵に描かれているものは実際のものと遠隔で接続されていると信じています。

へい、私はピンク、ロース、マゼンタ、その他いろいろ!!を区別もできない!!

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.