Image for post
Image for post

完全独立雑誌『5:Designing Media Ecology』の3名の編集委員、水越伸(東京大学)、佐倉統(東京大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)による、COVID-19以後の日々について話し合うオンライン鼎談の第5回。2020年9月26日夜にオンラインで落ち合いました。

今回は、東京大学総長選考をめぐる議論や、菅総理や大坂なおみ選手への取材にみるキャラクター性ばかりを強調するジャーナリズムの限界、台湾のポッドキャスト文化とラジオ5のさらなる可能性など、さまざまなトピックについて話しあいました。

しばらくの間、月1回、定点観測的に続けていきます。ご期待ください!

2020年9月26日
録音・編集:水越伸 Shin Mizuokshi
ナレーション:忠聡太 Sota CHU


Image for post
Image for post

完全独立雑誌『5:Designing Media Ecology』の3名の編集委員、水越伸(東京大学)、佐倉統(東京大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)による、COVID-19以後の日々について話し合うオンライン鼎談の第4回。安倍晋三首相が辞任を表明した翌日、2020年8月29日夜にオンラインで落ち合いました。

「マスメディアの55年体制」をキーワードに、戦後最長となった政権のもとでメディアの生態系がどのように変わったのか(あるいは変わらなかったのか)、コロナ禍以降のジャーナリズムや専門家の動きもふまえて議論しています。後半ではNetflixの韓国ドラマ『梨泰院クラス』についての熱い感想戦も。

Image for post
Image for post

しばらくの間、月1回、定点観測的に続けていきます。ご期待ください!

2020年7月26日
録音・編集:水越伸 Shin Mizuokshi
ナレーション:忠聡太 Sota CHU

【アーカイブ】
第1回:2020年4月30日
第2回:2020年5月30日
第3回:2020年6月28日


Image for post
Image for post

完全独立雑誌『5:Designing Media Ecology』の3名の編集委員、水越伸(東京大学)、佐倉統(東京大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)による、COVID-19以後の日々について話し合うオンライン鼎談の第3回。2020年6月28日夜にオンラインで落ち合いました。

今回のトピックは、オンラインが変える学会運営、メディアとしてのプラットフォームへの気付き、東日本大震災直後と比較しながら考えるSNSの栄枯盛衰、自民党広報のダーウィン進化論誤用騒動と東京都のバンクシー騒動のちがい、Netflixの韓国ドラマ『愛の不時着』にみるグローバル戦略、天皇のコロナ対応など。

しばらくの間、月1回、定点観測的に続けていきます。ご期待ください!

2020年7月26日
録音・編集:水越伸 Shin Mizuokshi
ナレーション:忠聡太 Sota CHU

【アーカイブ】
第1回:2020年4月30日
第2回:2020年5月30日


Image for post
Image for post
左から佐倉統、毛利嘉孝、水越伸(2016年6月18日撮影)

完全独立雑誌『5:Designing Media Ecology』の3名の編集委員、水越伸(東京大学)、佐倉統(東京大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)による、COVID-19以後の日々について話し合うオンライン鼎談の第2回。2020年5月30日夜にオンラインで落ち合いました。

意外と好評なオンライン授業と、それにもかかわらず横たわる格差、容易ではなくなった監視社会批判、コロナ禍における専門家と政治家の振るまい、見えてきた知事や市長の胆力のちがい、見直しを迫られるグローバリゼーション論、そして木村花の自死に重なる私達の日常など。

しばらくの間、月1回、定点観測的に続けていきます。ご期待ください!

2020年6月12日
録音・編集:水越伸 Shin Mizuokshi
ナレーション:忠聡太 Sota CHU

※初回はコチラから。


Image for post
Image for post

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が世界中に広がる未曾有の事態。

国家も専門家もメディアも大きく揺れるなか、私たちは突如、寄る辺ない世界を生きることになりました。

2020年4月30日(金)の夜、完全独立雑誌『5:Designing Media Ecology』の3名の編集委員、水越伸(東京大学)、佐倉統(東京大学)、毛利嘉孝(東京藝術大学)がオンラインで集まりました。日本政府による緊急事態宣言実施から約1ヶ月経った時点での心境や、大学での出来事、生活の変化などについて語り合いました。

しばらくの間、月一回、定点観測的に続けていく予定です。ご期待ください。

音声が一部聞き取りにくい箇所は不安定な通信状況によるものであり、なにとぞご了承ください。

2020年5月5日
ナレーション:忠聡太 Sota CHU
録音・編集:水越伸 Shin Mizuokshi


Image for post
Image for post

2018年のカルチュラル・タイフーンで実施した、Radio 5 公開直後の放談です。Radio 5の水越伸と忠(当時は高橋)聡太に加えて、飛び入りゲストの劉雪雁さん、ペク・ソンスさん、毛原大樹さんにご参加いただきました。

構成:高橋聡太(Radio 5)

写真:劉雪雁


Image for post
Image for post

民俗学者の菅豊さんをお迎えし、著書『「新しい野の学問」の時代へ−知識生産と社会実践をつなぐために』(岩波書店、2013)で紹介されたpublic folklore(公共民俗学)を今改めてどう捉えているかを伺いました。

(インタビュー・水越伸、構成・神谷説子)

Image for post
Image for post
Image for post
Image for post

Image for post
Image for post

In this episode of The Pop Culture Researcher, Professor Mizukoshi Shin shares his ideas and experience in media literacy, designing media, and radio/podcast.

This talk episode is a repost from d.s.g by Eva Tsai.


About Radio 5

Image for post
Image for post

Radio 5 is an independent radio station, sister medium of Magazine 5.

Radio 5 Founding Members:
Kim Jirik, Mamiko Hayashida, Setsuko Kamiya, Shinya Mizojiri, Shin Mizukoshi, Tatsuo Sugimoto, Sōta Takahashi, and Eva Tsai

About

Radio 5

Radio 5 Editorial Team

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store