Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Rangoは、Cronosを私たちのマルチチェーンプロトコルへの統合に成功したことに興奮しています。Cronosプロトコルとcrypto.orgについて見てみましょう。

Cronosとは?

Cronosは、Cosmos SDK技術に基づいて構築された、初のEthereum Virtual Machine(EVM)互換のレイヤー1ブロックチェーンネットワークです。EthereumとCosmosのエコシステムをブリッジし、Ethereumのスマートコントラクトや分散型アプリケーション(dApps)をCosmosに移植する機会を提供します。

Crypto.orgブロックチェーンの並列ネットワークであるCronosネットワークは、2021年11月にCrypto.comのサポートを受けてローンチした経緯があります。当初はMonaco Technology GmbHという社名で設立され、その後、Crypto.comに社名変更し、ネットワークネイティブトークンのMCOは、CROという記号で表されるCronosに変更されました。

CROとは?

CROは、Ethereum、ERC-20上で作成された総供給量1000億枚のCrypto.orgネイティブトークンで、取引手数料の支払い、開発者と検証者への報酬、Crypto.orgのガバナンス参加やステーキングなどの用途が設計されています。

Crypto.comは、2021年2月に700億のCROトークンをバーンし、残りの300億トークンをcrypto.orgに移しました。

Crypto.org Chain Desktop WalletからリブランドされたCrypto.com Defi Desktop Walletは、オールインワンのDefi WalletアプリとDefi Wallet Browser Extensionを含むCrypto.com Defiエコシステムの一部として機能しています。

ユーザーは、Proof-of-stakeアルゴリズムに基づいて、自分のCROコインをステークするか、バリデーターに委任することができます。バリデーターは、チェーンに新しいブロックを追加することに参加し、それに対する報酬を獲得します。バリデーターはより多くステークされたトークンを持ち、トランザクションの検証者となります。

Cronosはどのように機能しますか?

CronosはEthermintをベースにしており、このEthermintは、EthereumやWeb3と互換性のあるスケーラブルで高スループットのブロックチェーンフレームワークです。 低い取引手数料、高スループット、高速なファイナリティを備えています。

CronosはCosmos SDKで構築されているため、IBC(ブロックチェーン間通信)によって他のブロックチェーンと相互作用することができます。IBCの相互運用性によって、CronosはCosmosエコシステムに接続し、AkashおよびBinanceスマートチェーンネットワークと通信することができます。

SDKベースのブロックチェーンは、組み合わせ可能なモジュールから構築され、そのほとんどはオープンソースで、どの開発者でも容易に利用できます。Cosmos-SDKのモジュールは誰でも作成でき、既に構築されたモジュールの統合は、ブロックチェーンアプリケーションにインポートするだけと簡単な仕組みです。

CronosとCrypto.orgの主な違いは、CronosはEthereumベースであるため、EVMプラットフォーム向けに開発されたアプリケーションをサポートしている点です。

Cronosにはいくつかの革新機能があります:

1- Cronos Bridge
ブリッジは、異なるブロックチェーンを介してデータを転送するためのソリューションです。Cronos Bridgeは、IBCチャンネルに基づくネットワークをサポートしており、ブロックチェーン間の相互運用性を強化します。

2-スマートコントラクト
Cronosは、スマートコントラクトの実装において、Ethereumの機能を実現しています。CronosはEthereumよりも高速で安価、使いやすいため、Ethereumや他のEVMネットワークからCronosネットワークへのスマートコントラクトやDappsの転送を容易にします。

3- GameFIとNFT
Cronos SDKを使用することで、開発者は自身のゲームをCronosエコシステムに接続し、より多くの機能性と高いスループットを得ることができます。Unity Technologiesとの提携によって支払いも可能となっています。Gaming SDKをCronosで利用できるようにすることで、プレイヤーはトークンを転送することができます。ゲームクリエイターによるChainSafeのGaming SDKの採用をサポートするため、Cronosは開発者向けドキュメント、コードサンプル、デモアプリケーション、Cronosブロックチェーン上でUnityゲームを開発・起動するチームに適したNFTテストネットフォックをリリースしています。

2022年4月、Cronosは、CronosブロックチェーンエコシステムにおけるゲームおよびGameFiアプリケーションの作成を効率化するための開発者ツールおよびサービスの総合モジュールスイートであるCronos Playを発表しました。

また、CWIO NFTs(Cronos World)には、既に200社以上のパートナー、45万人以上のユーザーがいます。Cronosのパートナーシップの55%以上がNFTを組み込んでいます。

Rango × Cronos

--

--

Rango Exchange Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎 Axelar Axelarのネットワークは、スケーラブルなクロスチェーン通信プラットフォームです。各dAppユーザーはこのネットワークによって、1クリックで、あらゆるチェーン上の資産やアプリケーションと対話することが可能になります。Axelarは、dAppsクリエーターとブロックチェーンエコシステム、アプリケーション、ユーザーを接続し、クロスチェーン通信を簡易化する分散型ネットワークを提供します。Axelarには、クロスチェーン通信の障壁を取り除くために設計された一連のプロトコル、ツール、APIが含まれています。 Axelarネットワークとは? Axelarは、Web3のセキュアなクロスチェーン通信を実現します。 このネットワークは、ブロックチェーン同士をつなぎ、Web3の普遍的な相互運用性を実現するブロックチェーンとして機能します。Axelarは、バリデータ、セキュアなゲートウェイコントラクト、統一された翻訳、ルーティングアーキテクチャ、ソフトウェア開発キット(SDK)とアプリケーションプログラミングインターフェース(API)のスイートの分散型ネットワークであり、ブロックチェーン間のコンポーザビリティを提供します。

Axelar networkをRangoのクロスチェーンDEXアグリゲーターに統合🦎
Axelar networkをRangoのクロスチェーンDEXアグリゲーターに統合🦎

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Axelar

Axelarのネットワークは、スケーラブルなクロスチェーン通信プラットフォームです。各dAppユーザーはこのネットワークによって、1クリックで、あらゆるチェーン上の資産やアプリケーションと対話することが可能になります。Axelarは、dAppsクリエーターとブロックチェーンエコシステム、アプリケーション、ユーザーを接続し、クロスチェーン通信を簡易化する分散型ネットワークを提供します。Axelarには、クロスチェーン通信の障壁を取り除くために設計された一連のプロトコル、ツール、APIが含まれています。

Axelarネットワークとは?

Axelarは、Web3のセキュアなクロスチェーン通信を実現します。 このネットワークは、ブロックチェーン同士をつなぎ、Web3の普遍的な相互運用性を実現するブロックチェーンとして機能します。Axelarは、バリデータ、セキュアなゲートウェイコントラクト、統一された翻訳、ルーティングアーキテクチャ、ソフトウェア開発キット(SDK)とアプリケーションプログラミングインターフェース(API)のスイートの分散型ネットワークであり、ブロックチェーン間のコンポーザビリティを提供します。

Axelarは、以下の目的でローンチしています:

  • 他のチェーンとの容易な接続と通信
  • dApps開発者のためのチェーン間コンポーザビリティの可能性
  • 複数のエコシステムにまたがるアプリケーションとのシームレスな相互作用

Axelarの機能は?

Axelarのネットワークは、2つの機能レイヤーにまたがる3つの主要なコンポーネントを持っています:

  • 分散型ネットワーク- 1つ目は、ネットワークの分散化で、バリデータのセットがネットワークの維持とトランザクションの実行に責任を負います。これらのバリデーターは、外部チェーンに配置されたゲートウェイスマートコントラクトの読み取りと書き込みを行い、これらのチェーン上のイベントに対して投票と認証を行います。
  • ゲートウェイのスマートコントラクト- 2つ目はゲートウェイで、Axelarネットワークと相互接続されたレイヤー1ブロックチェーン間の接続を提供するスマートコントラクトです。バリデーターはゲートウェイを監視し、入ってくるトランザクションを読み取り、取引の有効性についてコンセンサスを得ます。合意されると、バリデーターは接続先のチェーンのゲートウェイに書き込み、クロスチェーン取引を実行します。
  • 開発者ツール- バリデータとゲートウェイ上に位置するのがAPIとSDKです。これらは、開発者がAxelarネットワークにアクセスするためのライブラリやツールです。これはアプリケーション開発レイヤーであり、開発者はこれを用いて、2つのチェーン間でシングルホップで合成し、ブロックチェーンとアプリケーションに普遍的な相互運用性を追加することができます。

Axelarのクロスチェーンプロトコル

Axelarは、ブロックチェーンのエコシステムをブリッジし、アプリケーションの摩擦のない通信を可能にすることを目的としています。この目標達成のに、Axelarは以下のプロトコルを使用します:

  • Cross-Chain Gateway Protocol (CGP)- CGPは、異なるコンセンサスプロトコルや最終ルール、異種技術スタック、スマートコントラクトのないブロックチェーンに基づいて実行される可能性のある自律的なブロックチェーン間のクロスチェーンルーティングと配信を担います。
  • Cross-Chain Transfer Protocol(CTP)- CTPはアプリケーションレベルのプロトコルであり、アプリケーションがクロスチェーン機能を活用することを可能にします。これらのアプリケーションは通常、フロントエンドのGUI、1つのチェーン上のスマートコントラクト、フロントエンドとスマートコントラクト間のトランザクションをポストする仲介ノードの3つの主要コンポーネントで構成されます。

フロントエンドはユーザーのウォレットと対話し、入金の受け付けや引き出しの処理などを行います。アプリケーションは、HTTP/HTTPSのGET/POSTメソッドに類似したCTPクエリーを呼び出すことで、クロスチェーン機能を利用できます。その後、CGPレイヤーがこれらのクエリを実行し、結果をユーザーに返します。

Rango Exchange x Axelar

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Symbiosisとは?

Symbiosisは、ChangeNowのCMOであるNick Avramovによって2021年に設立されました。このプラットフォームは、ユーザーがサードパーティのコントロールなしにマルチチェーン間で流動性を移動させ、別のAutomated Market Maker(AMM)を探す必要のないシンプルなソリューションを提供することを目的としています。

Symbiosisは、ワンクリックでトークンをスワップするための最適かつ最速のブリッジを見つけ、トークンぺア間のスワップに最適な価格を提供します。また、クロスチェーン自動マーケットメーカーとDEXとして、ブロックチェーンと統合しています。Symbiosis Financeは、ノンカストディアルのプラットフォームであり、ユーザーは誰も彼らの資金にアクセスできないことを確認することができます。

さらにSymbiosisは、Defi、web-3をサポートし、クロスチェーンのDappsを構築することが可能です。Software Development Kitsを通じて、アプリによるシームレスな接続をサポートしています。

Symbiosis Financeはどのように機能しますか?

Symbiosisは他のブロックチェーンと統合して、そのブリッジをプロトコルに追加することで、ブロックチェーンを通じた資産交換、ネットワークに統合された任意のブロックチェーン(EVM互換および非EVM互換)の既存の流動性プールの使用を可能にします。プロトコルは現在、Ethereum、Binance Smart Chain、Polygon、Avalanche、Boba、Telos、Auroraをサポートしています。

Symbiosisは、自動マーケットメーカー(AMM)モデルを使用しており、Uniswap、PancakeSwapなどを経由して、トークンをスワップするための最適価格を見つけます。

Symbiosisは、ネイティブトークンで流動性プールを提供する代わりに、資産をステーブルコインに変換するため、ネイティブトークンとトークンをペアリングする必要がありません。このメカニズムによって、Symbiosisはスリッページを減らし、流動性提供者のインパーマネントロスリスクを減少させます。

また、Symbiosisプロトコルは、各ラップトークンとsTokenがスマートコントラクトにロックされているネイティブ資産によって1:1の割合でバックアップされていることを保証します。例えば、各sUSDCはイーサリアム上のオリジナルのUSDCによってサポートされ、そのUSDCはユニークなSymbiosisスマートコントラクトにロックされています。

SISトークン

SISは、Symbiosisの統治・運営に使用されるSymbiosis Financeプラットフォームのネイティブトークンです。SISはEthereum上に展開され、その総供給量は10,000,000,000トークンです。

SISトークンはステーキングにも利用され、ユーザーはSISをステーキングし、流動性プールを提供し、報酬を獲得できます。SISトークンの保有者は、リレーヤーのネットワークでノードを実行し、Symbiosis DAOでガバナンスの提案を提出する権利を得ることも可能です。ステークしている期間、保有量やSymbiosisが所有する流動性プールで集めた手数料に基づいて報酬を得ることができる仕組みです。

SISの投資家には、Binance Labs、Blockchain.com、Spartan、Dragonfly Capital、Kineticなどがあります。

Rango × Symbiosis

私たちは、SymbiosisをRangoのマルチチェーンDEXプロトコルへの統合に成功したことに興奮しています。この統合は、スワップ時に私たちのユーザーに最高のレートを提供するものとなるでしょう。

今後のRangoの躍進にご期待ください🦎

Rango Exchangeについて

Rangoは、EVMベース、Cosmosベース、Solana、UTXOなどの異なるブロックチェーンをサポートし、将来的にはNear、ADA、Evmosなど全ての主要チェーンを統合する予定を持つ、クロスチェーンDEXアグリゲータです。最も使いやすく、どのような資産も簡単に交換できるようにすることをミッションとしています。さらに、最も速く、最も安く、最も安全なルートを提供するというユーザーフレンドリーな機能性を持っています。

Rangoは、DeFi分野の全てのDEXとブリッジ、DEXアグリゲーターを統合して、全ての流動性を集約することでメガ流動性を生み出すことを目的に取り組んでおり、最終的には究極のユーザーエクスペリエンスを提供していく予定です。

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Rangoはこのたび、OKC(OKX Chain)の統合に成功しました🔥

ブロックチェーンの世界において、クロスチェーン技術は資産とデータの相互作用を実現するための鍵であり、Defiの技術基盤となる技術です。クロスチェーンとは、その名の通り、異なるブロックチェーンプラットフォーム間で、資産の移動、情報の交換、アプリケーションの連携を実現することを意味します。

異なるパブリックチェーンをつなぐ橋のような役割を果たすクロスチェーン技術は、様々なブロックチェーンネットワーク間でのデータ転層を実現すると同時に、取引コストを大幅に削減することが可能です。クロスチェーンモジュールを使用することで、ブロックチェーン間の価値、ユーザー、シナリオアプリケーションに基づく相互接続を実現し、共有エコシステムと付加価値システムを共同で構築するための基礎を築くことができ、シンプルかつ効果的なものとなります。

RangoがOKC(OKX Chain)をマルチチェーンエコシステムに統合したことよって、OKCと他のブロックチェーンのEVMと非EVMの間に相互運用性がもたらされます。この統合の後、Rangoユーザーは、任意のチェーンから複数のUIを使用せずにOKCに到達することが可能になります。

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

この度、RangoはKujiraとのパートナーシップを発表しました。

Kujiraとは?

Kujiraは、Cosmosエコシステムの新しいL1ブロックチェーンであり、「Grown-up Defi」の原則に基づいた構築・運営を行っています。

Kujiraは現在、ORCAと呼ばれる清算市場とFINと呼ばれる分散型オーダーブックなどのサービスを提供しており、KUJIトークンのステーカーへの手数料の再割り当てを通じて、正確かつ持続可能な利回りをユーザーに提供しています。

Kujiraは、2021年Q4に清算プロトコルとして設立され、当初はTerra上でローンチしたが、Terraの崩壊後、Cosmos上で独立したL1チェーンとして再びスタートしました。現在、ORCA、FIN、FINDER、BLUE、PODが主な内部アプリケーションとして機能しており、新たにBOWも近々登場する予定となっています。

Black Whaleはすでに稼働しており、Calc、Dloyal、Alo、FitLinkなどがデプロイ前の最終段階として準備されています。

ORCA
ORCAは、ボットの影響を受けることなく、ユーザーによる清算担保への入札を可能にするパブリック・マーケットプレイスです。これは、一般ユーザーを含む全ての人が、任意の資産を市場価格より割安で確保するための参加機会を提供することを意味します。ORCAは、シンプルで便利なUIを使用して、Cosmosのエコシステム全体で複数の資産の清算プロセスを実行することができる製品です。

FIN
FINは、完全なオンチェーン・オーダーブックを提供する分散型取引所です。取引ペアはセミパーミッション制で、追加前にガバナンスの提案を通過する必要があります。これは流動性プールを介さずに行われます。

FINDER
Kujiraのブロックチェーンエクスプローラーとして、Kujiraチェーン上の現在および過去のデータを検索するツールです。アドレス、TX、ブロック、コントラクトを検索することが可能です。

BLUE
BLUEはKujiraエコシステムのコア機能であり、KUJIトークンのステークや報酬の請求、トークンの交換、IBC転送とクロスチェーンブリッジによる資産の移動、ガバナンス参加が可能です。

Kujiraの特徴は?

Kujiraは、他のチェーンとは異なる3つの特徴を持っています。セミパーミッション、オンチェーンスケジューラー、ネイティブトークン生成です。では、それぞれの特徴を一つずつ見ていきましょう。

セミパーミッション制
コントラクトはチェーンにデプロイされる前に、ガバナンスを通じてコミュニティの投票に参加する必要があります。これにより、ネットワークの品質、持続可能性、寿命が維持される仕組みです。優れたUXの提供と収益を生み出すハブとして、チームとコミュニティは、エコシステムに統合することで価値を付加できるプロトコルを探しています。これが「Grown-up Defi」の語源となるものです。価値を高め、成長に貢献し、利益を共有することを目的としています。

オンチェーンスケジューラー
オンチェーンスケジューラーによって、ボットへの依存度を大幅に低減したプロトコル設計を実現しています。プロトコルはよりスムーズに動作し、ボットへのインセンティブとして使用されていた手数料は、ネットワークユーザーやステーカーに振り向けられることを狙いとした仕組みです。

ネイティブトークン生成
スマートコントラクトの開発者は、コントラクトへの2つの異なるエントリーポイントを管理する必要がなく、ネイティブトークンのみを設計すればよいという考えによる機能です。結果として、ネットワーク上の全トークンはCosmosのネイティブトークンとなり、KUJIのステーカーは清算や取引収益から報酬を得ることができ、BLUEのIBC転送機能を介して簡単に移動することが可能になります。

USKとは?

USKは、Kujiraネットワークにネイティブな過剰担保型のステーブルコインです。主要なステーブルコインとして知られているDAIと類似している部分があります。

USKはドルにソフトペッグされており、担保としてATOMまたはDOTを提供することでミントされます。FINではすでにUSKを使った取引ペアが複数存在し、WooCommerceプラグインでオンライン購入が可能となっています。

どのチェーンからもRango経由でUSKを購入することが可能です:

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら

Rangoは、EVMベース、Cosmosベース、Solana、UTXOなどの異なるブロックチェーンをサポートし、将来的にはNearやADA、その他のブロックチェーンも統合していく計画をもつ、初のクロスチェーンDEXアグリゲータです。

そのミッションは、全ての暗号ユーザーにシームレスなクロスチェーンスワップ体験を提供し、全てのDEXとブリッジのための主要なアグリゲータプラットフォームになることです。既に40以上のブロックチェーンを統合して、ユーザーにとって最も速く、安く、安全なルートを提供しています。

では、Rangoの1ヶ月の成長と進捗を見ていきましょう:

Hyphenを統合

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Coin98 Labsの最も使われている製品の一つである「Coin98 Wallet」は、複数のブロックチェーンネットワークをサポートする非保管型マルチチェーンNFT&暗号通貨ウォレットです。

既に50万人以上のユーザーがおり、Web3.0やDeFiに参入するためのウォレットとして最も人気のあるウォレットの1つとなっています。さらに、Coin98 Walletは世界中のユーザーに、内蔵DEX、クロスチェーンブリッジ、dAppsブラウザなどを含む包括的なサービス提供と、そのエコシステムを構築しています。

Coin98 Walletとは?

Coin98は、複数のブロックチェーン上でトークンの管理、保管、転送を可能にする非保管罪のマルチチェーンNFT&暗号通貨ウォレットです。現在、Bitcoin、Ethereum、Tomochain、Tron、BNB Smart Chain、Solana、Polkadot、Near、Avalancheなど60以上のチェーン上の1万種類以上のコインとトークンをサポートしています。

モバイル版(Android、iOS)に加えて、Chrome、Firefoxブラウザの拡張機能として利用可能で、ユーザーがWeb3の新規参加するために最適なウォレットとして機能しています。

対応コイン
Coin98はマルチチェーンウォレットで、サポートされているチェーン上の多数の暗号通貨を保存することができます。

最も人気のあるものをいくつか紹介します:
BTC、ETH、SOL、ATOM、BNB、MATIC、DOT、LINK、SHIB、XRP、TRXなどです。

ガスについて
Coin98では、トークンの送金に手数料はかからず、ネットワーク手数料のみ支払う必要があります。

Coin98 Walletの重要な機能

🔸マルチチェーンスワップ
内蔵のDEXにスーパーリンクを統合したCoin98 Walletは、数回の簡単なクリックで最良の価格でトークンをスワップすることができます。

また、このプラットフォームでスワップしたい場合、Coin98が関連するスマートコントラクトをデフォルトでサポートし、それがリストアップされていることを確認する必要はありません。もしユーザーが交換するトークンを見つけられない場合は、コントラクトアドレスを手動で入力することができます。

🔸DAppブラウザー
Coin98 Walletに統合された分散型Web3ブラウザを通じて、簡単かつ迅速にDAppsにアクセスすることができます。

🔸ガス代最適化
Coin98 Walletは、ユーザーのために取引コストとパフォーマンスを自動的に最適化します。同時に、ユーザーは自分の要求に応じてバーをスライドさせることで、ガス料金を手動で修正することが可能です。

Coin98ウォレットのセキュリティ

セキュリティは、どのウォレットにとっても重要な検討事項の一つです。Coin98 Walletでは、PINコードまたは生体認証でセキュリティ設定を強化することができます。

また、Coin98のような非k保管型ウォレットでは、デバイスを紛失したり破損した場合にウォレットを回復できるように、回復フレーズをバックアップすることが必須となります。これらのフレーズは、安全な場所に正確に保管するよう注意する必要があります。

📌Coin98 Walletのリンク集
⬇️ Download | 🐦Twitter | 👾Discord |📱 Telegram | 🗒️Docs | 🖥️Blog

Rango Exchange x Coin98 Wallet

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

Rangoは、Ethereum、Solana、Cosmos、UTXOなどの広範な技術をサポートするクロスチェーン・アグリゲーター・プロトコルです。

私たちのミッションは、イーサリアムベースとEVM以外のチェーン間に相互運用性をもたらすことです。そして今回、RangoはEvmosを新たなCosmos-SDKチェーンとして、サポートしているブロックチェーンに統合しました。今回は、EvmosとRangoの統合について紹介します。

--

--

Rango Exchange

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

THORWalletがRango SDKを統合し、クロスチェーンスワップの実現に成功しました🚀

THORWallet DEXは、ネイティブトークンでパッシブ収入を得ながらクロスチェーンスワップを提供する唯一の非保管型のモバイルウォレットです。
今回のRango Exchangeとの提携によって、アプリ内のスワップ機能が拡張され、イーサリアムトークンからTHORChainがサポートするレイヤー1トークンなどのスワップがより簡単に実行できるようになりました。

非保管型ウォレットと分散型取引所を実装したTHORWallet DEXは、THORChainのモバイル版として、ユーザーが単一の製品を使ってDeFiの全範囲にアクセスすることを可能にします。THORWallet DEXのユーザーは、THORChainプールで利用可能な資産以外にも、クロスチェーンスワップを活用してアクセスすることができます。

今回の統合は1inch、Paraswapなど、Rango Exchangeが成功した一連のパートナーシップを踏襲するものであり、今後も拡大し続けていく予定です。

📌Thorwalletの各種リンク:
🐦 Twitter | 💬 Telegram | 📺 Discord | 📝Medium

Rangoについて

Rangoは、EVMベース、Cosmosベース、Solana、UTXOなどの異なるブロックチェーンをサポートし、将来的にはNear、ADA、Evmosなど全ての主要チェーンを統合する予定を持つ、クロスチェーンDEXアグリゲータです。最も使いやすく、どのような資産も簡単に交換できるようにすることをミッションとしています。さらに、最も速く、最も安く、最も安全なルートを提供するというユーザーフレンドリーな機能性を持っています。

Rangoは、DeFi分野の全てのDEXとブリッジ、DEXアグリゲーターを統合して、全ての流動性を集約することでメガ流動性を生み出すことを目的に取り組んでおり、最終的には究極のユーザーエクスペリエンスを提供していく予定です。

Rangoアカウントの作成や各種リンクはこちら!🦎

--

--

Rango Japan community

Rango Japan community

48 Followers

Rangoは、Runaticsから生まれたマルチチェーン・アグリゲーターです:https://linktr.ee/rangojapan