ステの全振り

ロールプレイングゲームなんかだと、レベルアップしたときに、上昇するステータスを選べることがある。たとば、5ポイントもえらえて、HPに2、攻撃力に2、素早さに1といった感じだ。これを繰り返していくと、自分好みの細かい調整が効いたキャラクターができあがる。

キャラクター成長の戦略はいろいろあるわけだが、その一つに全振りがある。特定のパラーメーターに上昇分のすべてをつぎ込むのだ。攻撃力に5、次も攻撃力に5、その次も攻撃力に5とやっていけば、同じレベルのキャラでは絶対に攻撃力で負けないキャラができあがる。

もちろんデメリットもある。非常に不器用になるのがそれだ。打たれ弱いし、素早さも劣る。そんなキャラが戦闘でうまく立ち回るのは難しいだろう。

でもそれが、パーティーの中ならどうだろうか。先陣を切って相手に致命的なダメージを与える。その後、ボコボコにされてしまうが、先に取ったダメージのアドバンテージを活かして、パーティーは戦闘に勝利する。見事な連携だ。

僕は読みたい本はがっつり買うようにしている。その分洋服やら車やらアクセサリーといったものにはまるで興味がない。というか、そこにお金を割り当てることで、買いたい本が自由に買えなくなるのが嫌なのだ。

こういうのもステの全振りと同じなのかもしれない。

One clap, two clap, three clap, forty?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.