Burning tree

GRAPEVINE


GRAPEVINEのニューアルバム「Burning tree」がめっぽう良かったので、この気持ちを誰かに伝えたい!と思いたち深夜にシコシコとメモをとりました。いやあ、年々かっこよくなるなあこのバンドは…

第一印象:

これまでの作品よりもさらに音像がクリア。かつての分厚いギター音の壁はなく、すべての音がシャープに聴こえて痛々しいくらい。

声:

ボーカルのハーモニーが非常に複雑で、もはやメロディが2つあって、それらが絡みながら前方に伸びていくイメージ。倍音が重なる瞬間はとても美しく、官能的でスリリングな印象。ボーカル田中の歌いかたも、マッシブさを抑えつつ余裕でソウルフル。どこか神経質な雰囲気もあった初期の歌声とは違う非常に甘く太いもので、ファン人気が非常に高い過去曲「エレウテリア」の延長のように感じられた。全体的に大人の色気がヤバい。高音ボーカルが多い現在の邦楽ギターロックシーンとは真逆を進む、低音のセクシーさが映える。

演奏:

イメージにある音を追求していった結果、プレイはどんどん身体的な快感から離れていった。いわゆる「弾いていて気持ちいいフレーズ」ではなくなったのではないか。ミニマルなフレーズをあえてギターで弾いていたり、生々しいバンドサウンドに突然、仏頂面の電子音が顔を出したりする。だが、その異物感が曲に存在感を与える。具体的にいうと、曲にあえて不安定さを残しておくことでメンバー(特にボーカル)の主体性、主人公性がいい意味で薄れ、曲はもとから風景の一部として世界に存在していたような、非常にドライで客観的なものに感じられる。変なたとえだが、演奏から体臭が感じられないのだ。アルバムの中では軽快な曲である「KOL」でさえ、どこか冷徹に事が進んでいく感触がある。

アレンジ:

J-POPの王道進行を僅差で裏切るアレンジが毎度のことながら上手い。そこはもう戦略というかメンバーの好みなんだろうな。

これだけ演奏能力が高いバンドなんだから、ベタベタの流れで曲を構築することは朝飯前のはずだ。だけどそういうアレンジを採用した場合、次にどんな音が待ってるかをリスナーはあらかじめ予測してしまう。そうなるとアルバムを繰り返し聴く意味もなくなる。ニューアルバムなのに手垢のついた、どっかで聴いたような曲しか入ってなかったら、そりゃあイヤだよね。

そういった王道展開を避ける方法はいくつかあると思う。たとえば、

・A→B→サビ→大サビという進行を最初から全否定し、フレーズを反復させることでテクノ的に熱を生みだしていく

・フォークやヒップホップのように、歌詞に強烈なメッセージや物語を与え、歌詞の求心力を曲の独自性として成立させる

・曲にノイジーな部分をあらかじめ含ませる(これは騒音を入れるというわけでなく、予測不可能なバグ的なもの/偶然性を潜ませるという意味)

・一部のクラシックやヘヴィメタル、ボカロ曲のように、常人には再現不可能な超絶技巧で曲を構成する

といったように。

だけどこのアルバムで行われていることは、そのどれともちょっと違うような気がする。言葉にするのは難しいのだけど、あえて「どこか足りない状態」でリリースすることで、余白をリスナーの脳内で補完してもらうように仕向けられている気がするのだ。

安直なブレイクを嫌ったり、一般的にはギタリストのもっともオイシイ観せ場であるはずのギターソロで、ドラム以外の楽器を消して妙な不安感を煽ったり。アレンジの自由度はこれまでのアルバムと比較しても群を抜いている。「MAWATA」の幾重にも捻れた展開は聴いていてニヤリとしてしまった。あと、シングルでもリリースされた「Empty song」は、ハモリで用意された歌メロをあえて主旋律にしたようなトリッキーな印象を受けた。

メロディ:

しかしですね。作品自体は近年稀に見るメロディアスなアルバム。「Big tree song」、「Weight」、「流転」あたりのメロディはもう半端なく美しい。ぞっとした。亀井さん今回も本当にいい仕事してます。

アルバム構成:

全体的にスロー/ミドルテンポの曲が多く、曲順もダイナミックなアゲサゲをあまり強調していない印象。好みは分かれるだろうけど、こういう流れのほうがうっとり聴けて個人的には好きだなあ。

歌詞:

個人の内面で完結するストーリーではなく、相手(恋人・家族)の存在が明確に表されていて、その箇所に差し掛かると思わずドキッとする。死番虫、MAWATA、Weightあたりの鮮やかな「街」の描写も、最近の日本のロックではあまり見なかったのでとてもよかった。ただアルバムを通して歌詞には常に死の匂いが漂っていて、それは決して悲観的なものではないのだけど、持続する緊張感がずっしりとヘッドフォンの向こうにはあった。タイトルも「死番虫」「Empty=空虚」「真綿」「流転」「サクリファイス=生贄」といった具合に、なにかしら死の薄暗さが常につきまとっているんだよなあ。

総括:

「真昼のストレンジランド」にもあった、「それでも続いていく」という感覚。希望でも絶望でもなく、自分に起こるできごととは無関係に、ただ世界が続いていく感覚。それがラストの「サクリファイス」ではより濃く感じられた。少年期も青年期も過ぎて、痛みすら鈍くなって、それでもまだ、地面に足を下ろしている。

自分が大切な誰かのための生贄ならば。

その考えはどん詰まりの末のかすかな救いであるし、同時に死刑宣告でもある。それゆえに、この曲の中盤でリズム隊が入り、曲が少しずつ暖かみを帯びてゆくところはとても感動的で、泣きそうになった。

あくまで僕個人の捉え方だけど、このアルバムは「サクリファイス」の序盤で実は幕が下ろされていて、そのあとのエモーショナルな展開は、なにもかもが終わったあとの後日談なんだろうと思う。そして後日談の世界から、また新しいBig tree songが始まる…

わがままをいうなら、「アルファビル」は多少冗長でもいいからアウトロをぐじゃぐじゃと続けてほしかった。ちょっと狂気が感じられるくらいに。なんとなくWilcoのImpossible Germany(https://www.youtube.com/watch?v=7I79m7_kAnA)を思い出しました。

ほんとうに素晴らしいアルバムだから、長年のバインファンはもちろん、「here」あたりが好きだった過去のファンにも、10代の人にも、アンチ邦楽の人にもぜひ聴いてほしい名盤。まだ1月ですが早くも今年のベストアルバム候補になりそうです。

ただ、アートワークだけがちょっと残念で…

移籍に伴っていろんな冒険を試みたスタッフの姿勢には心から拍手を送りたい!だけどこれだけ丸裸な音で紡がれたアルバムなら、ジャケットも不明瞭なイメージより、ざらついた緊迫感のあるものが似合いそうだし、バンド名のロゴタイプもここまで洗練されたものじゃなくてちょっと泥臭さを残してほしかった!いや蛇足でした。すみません。。

補足:

初回限定盤に入っている「VIDEOVINE Vol.2」がめちゃくちゃ笑えたので、間に合うなら絶対に初回盤を買うべき!アルバムを聴いた後にこれを観ると、ほどよく緊張感がほぐれます。バーでウイスキーを飲んだ後の、〆のラーメンの如きおもしろコンテンツです(褒め言葉)。

Show your support

Clapping shows how much you appreciated Yoichiro Yamaguchi’s story.