『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』を読んだ

2016/12/15
『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』(Kindle版)を読みました。

著者:ちきりん
 ダイヤモンド社 (2016/11/25発売)

場所;バス、家の中

自分の読書体験をここに整理します。

1動機

・この本を読む動機は?

作者を知っている。他の著書を何個か読んだがわかりやすかったから。

2感想

時間をかけて「とりあえず頑張る」から脱却して、割いている時間と成果を意識しろという内容。

・生産性って概念が人口に膾炙すると、その言葉を使って早くコミュニケーションが進むのでよいよね

・生産性をあげるが、実は「他人から時間を奪ってるやつになりがち」なのは注意しなければならぬな

・大学を煽りがちなのはなんか面白かった。気持ちはわかるけど。

4今後

読んだら、やる気が高まったのでとりあえず、行動ログをつけつようにしよう。
togglという時間管理アプリみつけた。

ちなみに、この文章に20分かかった…。

A single golf clap? Or a long standing ovation?

By clapping more or less, you can signal to us which stories really stand out.